「やる氣が出る」ってのは具体的にどんな事なのか?

こんにちは 谷山です。

このブログのタイトルは

「やる気UP! 本当に変わる気力の強化と浄化」

です。

記事内では全て「氣」の文字を使ってますが、タイトルだけは「気」なのがミソです。

んで、実際に「やる氣UP」というのはどんな感じであり、またどのような状態なのか?という事を書いてみようと思います。

やる氣が出ない状態について

「何かやる氣出ないな~」

そんな経験は誰しもあるかと思います。

「循環さん」です。夢に出てきそうなぐらい不気味です。

人間はこの様に「氣」を循環させているのですが、「やる氣」が出ない時ってのはこの循環自体も弱々しいモノになります。

「弱ってる循環さん」です。哀れですね。

これはあくまで「イメージ」ですが、「やる氣」が出ない時ってのは「氣の循環」自体が弱々しくなっていると思って下さい。

循環が弱っているという事は「循環量」が少ない状態でもあります。

なのでまずは「氣の循環量」を増やしてしまおう!というシンプルな発想になる訳です。

「氣の循環量」が増える

呼吸法と施術によって「氣エネルギー」の絶対量が増えると、今まで「おっくう」だった事が何となくこなせる様になったりします。

この段階で

「何か動けるようになったな~」

と氣付く人もいます。

あくまで「何となく」なので氣付かない人もいます。

ただ、この時点で当初よりかなり「余裕」が出てきている事は間違いないです。

何より「やる氣」「覇気」などは「余裕」から生まれるという事です。

出来た「余裕」で何をやるか

「余裕が生まれる」というのは素晴らしい事だと思います。

ってミギーも言ってます。

そのできた「余裕」に何を入れるか?

というのが結構大きかったりします。

今まで「余裕」が無さすぎて、出来た「余裕」を持て余してしまう場合もありますが、基本的には

「自分のやりたい事」

に向けてもらえばいいと僕は思ってます。

「なりたい自分へ変わっていくエネルギー」

って言い換えた方が分かりやすいかもね。

想像してみてください。

いっぱいいっぱいで毎日を過ごしている人と少しでも余裕を持って生活している人はどっちが「理想の自分」になれると思いますか?

「やる氣」への源として、まずは「氣エネルギーの絶対量」を増やして精神に「余裕」を持つ事が大切になってきます。

チェンジ!・・・したくない?

この見出しは、ブルゾンちえみの

「新しいガム・・・・噛みたくない?」

のイントネーションで読んでもらえると嬉しいです。

ここからはちょっと「コツ」も必要になってきますが、「氣の量」が増えた事で精神に「余裕」が生まれる段階になってくると

「どうありたいか?」

というのが重要になってきます。

大体ね~、「どうありたいか?」なんてのはかなり抽象的な質問なんすよ。

でも、それがすっごい重要になってくるんです。

「抽象的な事が重要」ってのはまさしく「雲を掴む」ぐらい難しい事なんですが、「精神」自体が抽象的である訳で、ヨーガは元々「精神行」なんてぐらいですから「何とかして雲掴もうぜ!」みたいなもんなんです。

ああ、よく分からなくなってきた。

まぁ、何にせよここで重要になってくるのが「チャクラ」という概念になります。

チャクラについて
こんにちは 谷山です。 「チャクラ」って今では知っている人も多くなってきましたが、効能や使い方についてはまだあまり浸透していない様に思...

「チャクラ」について詳しくは上記のリンクから読んでもらうとして、「チャクラ」を自分で廻せる様になってくると、いわゆる「本当の自分」みたいなモノが何とな~く分かってくる様な氣がしなくもなくもないです。

もっと分かりやすくいうと

「それはもう、ずっ~~~っと自分の胸に手を当てて考えてる」

という状態が続くのに近いです。

ね?何か「本当の自分」みたいなモノが分かりそうでしょ?

精神に生まれた「余裕」(氣力)と「本来の自分」みたいなモノが上手く噛み合ったりすると、一氣に

「ハイパーモチベーション状態」

となります。

まさしく「うおおおお!やったるぜ!!」状態です。

こういう人知ってます。

ただ、「余裕」を持てたとしても、それが自分の意思と噛み合わなかったり氣付けなかったりすると「??」みたいな感じになる事もあります。

「大型バイク乗ってるのに30キロしか出さない」

みたいな感じです。

まぁ、この2つは極端な例ですが、大体の人は「余裕」が生まれて少しづつ「本来の自分」みたいなモノに近づいていきます。

そうなって初めて

「余裕を持って自分らしく生きて行く」

事ができるんじゃないかな。

「うおおおお!やったるぜーーー!」

みたいなのも面白いと思いますが、本当の「やる氣」とは静かに燃え続けて、やるべき事をやりのけて行く事をいうんじゃないでしょうか?

やる氣を出したいのならば、「氣の循環」から意識してみると良いと思いますよ。