笑うのが好きな人は長生きです

こんにちは 谷山です。

僕と会った事ある人は分かると思いますが、僕はよく笑います。

みんなそうだと思うけど笑う事がとても好きです。

「思い出し笑い」どころか「思い出し爆笑」します。

笑う事も笑わす事も好きなので自分でも結構「騒がしい奴」だと自覚しています。

でも好きなのです。

弟がお笑い芸人やってるぐらいだから血筋なのかな~

「笑い」は空氣

そんな僕なので、基本的にレッスンを受けに来られる生徒さんからも極力笑いを取りにいってます。

偉そうに言わせてもらえば「笑わせる」時に一番大切なのって「空氣」だと思います。

特に初めて来られる人なんて「緊張」している訳ですから、その張り詰めた空氣の中でいかに「笑わせるか?」という部分に命をかけてます(違う部分に命かけろよ・・・)

笑うと緊張もほぐれるしね~

「笑いを取る」ってのは空氣を読んで乗っていくかあえてぶち壊すかの2パターンなのかと思っています。

そういう意味で「笑ってはいけないシリーズ」ってのはあえて「笑ってはいけない空氣」を作り出してから笑いを作るってのはすごい発想だと思います。

まぁ、そんなのはどうでもいいんです。

ただ、僕んとこに来る人は「笑えない空氣」を背負ってる人が多いのでそういう時は無理に笑いを取りにいく事はありません。(当たり前)

でも一緒に爆笑したいのが本音でもあります。

腕磨かないとな~(仕事の部分を磨けよ)

「笑い」は余裕

さっきも書きましたが、僕んとこ来る大半の人は最初は「笑えない空氣」を纏っている人が多いです。

まぁ、人生において行き詰ってる感がある人が多いですからね~

でも、「行」を進めていくと段々と余裕が生まれ、皆よく笑う様になります。

正直、一生懸命に「行」をやっていたとしても自分では変化を感じられない人も少なからずいるのも事実ですがそういう人も自分では自覚をしていなくても段々と「笑う」事が多くなっていっています。

そういう姿を見ていて、「余裕が生まれて来てるな~」と感じます。

まさに「氣力」が強くなっていっている証です。

僕が病氣をしていた時の事を思い出してみると「笑う」という事が一切なかったです。

「笑う」という事は心に「余裕」があって初めて生まれる感情なんですね。

「笑い」はリラックス

笑っている時ってのは体の力が抜けている時でもあります。

体に力が入っていると「氣」が縮こまってしまいます。

笑う事で体が緩み、「氣」が循環するととても良い効果がたくさんあります。

まず、免疫力がアップするし、判断力や記憶力もアップします。

さらに、日々感じているストレスを流す効果もあります。

「リラックス」していると良い事だらけなんですね。

でも「よし!リラックスしよう!」と思っても慣れてなければリラックスするのもなかなか難しかったりします。

そういう時は何はなくとも笑ってリラックスしましょう。

「面白い事も無いのに笑うの!?」

と最初は抵抗を感じるかもしれませんが、いきなり笑う事に慣れさえすれば簡単にリラックスが出来るようになりますよ。

ちなみに「ラフターヨーガ」と言って「笑う」ヨーガも存在します。

「笑い」は愛

すごい小見出しですね。

今までの小見出しが「笑い」は・・・と続いていたので、同じように続けたかったのですがいい言葉が浮かばず、何となく綺麗そうな感じでまとめてみました。

何だよ、「笑いは愛」って・・・・・

氣持ち悪いですね(笑)

何だかんだ「笑う」事や「笑わせる」事の大切さを書いてきたつもりですが、やっぱり心に余裕を作る事が一番重要なんじゃないかと思います。

「余裕の笑い」なんて言葉もあるぐらいですしね。

ちなみに氣塾の皆はよく笑います。

木村先生が

「我々は爆笑の中を進んでいかなければならない」

と言っていましたが、まさにその通りだと思います。

「笑う」という事は人間だけが行える行為です。

他の動物は「面白い」と感じ、「笑う事」ができません。

そして、「笑う」事はとても「快感」を覚えると同時に様々なメリットがあります。

「笑う事」は人間だけに許された特権です。

神が人間に与えた特別な行為なのです。

皆が笑っていれば戦争はおこりません。

「笑い」は世界を救うのです。

そう、「笑い」は愛なのです・・・・・・・