5月27日のトンレン部の様子

こんにちは 谷山です。

昨日は高円寺で「トンレン部」が行われました。

今回のトンレン部は初参加の方やあまりトンレンに慣れてない人が多かったので分かりやすい感じで入りました。

色々な人が一同に会し、初対面の人同士もいたので「場」にはほんのりと緊張の波が漂います。

全員で「氣」を循環させる事により、それらの「氣の波」を落ち着かせます。

そして全員のテンションを調整して、ある程度揃えてから個人別でトンレンの練習をしました。

今回、初参加のKさんとIさんですが、両名とも非常に感覚が鋭く、「氣」を循環させ自分なりの解釈でキチンと読み取っていました。

占い師さんとかになれそうだな・・・って思わされるぐらいの感性です。

ま、そんなトンレン部の合間に

施術も挟み、トンレンしている部屋に戻ってみると

忠臣さんが持ってきていた「石のナイフ」や「パワーストーン」を皆で閲覧してました。

でもそこはトンレン部、ただ見るだけでなく皆で「パワーストーン」のエネルギーを感じ取ってあーでもないこーでもないとやってました。

こういうのも楽しいもんですよね。(俺はやってないけど)

そんで、余興代わりに「雰囲気研究会会長」の僕が様々な土地で感じ取ったエネルギーを皆に流します。

僕は爽やかな所だけでなく、俗っぽい所も好きなので最初は「歌舞伎町の裏路地」のエネルギーを流し、その後に「地元の神社」のエネルギーを流しました。

面白かったのは「歌舞伎町」の氣を流した時に

「最初は何だかワクワクする感じがあったけどしばらくすると虚しくなってきた」

と言ってた人が数名いた事です。

「おお~し!今日は遊ぶぞー!」

と出かけたのはいいものの、しばらく散財して虚無感を感じながら始発で帰る・・・・・・

まさしく「歌舞伎町」っぽいですよね。

やっぱその土地土地で醸し出すエネルギーの違いって面白いです。

そんでまた施術です。

7番チャクラを開発しているWさんです。

丁度よい機会だったので久しぶりにトンレン部に参加されたIさんに

「7番チャクラに氣を通すとどのぐらい圧がかかるのか?」

という事を体験してもらいました。

「このチャクラ凄いっすね」と7番の内圧を感じ取っていました。

みんなずっと集中しているので、このぐらいの時間になると疲れが出てきます。

疲れたからと言ってトンレン部は終わりません!

最後の力を振り絞って皆でトンレンです!(俺以外)

ずっ~と氣を循環させているので、部屋自体も「氣」でパンパンになってます。

そんな部屋に長時間いた事もあり、みんな最後は結構ヘロヘロになってました。

ラストに僕がみんなの「氣」を下げてトンレン部は終了となりました。

今回は初参加の人もいて、「分かりやすいトンレン」を意識しましたが、それ以外の人達の読み取り能力もミシミシ上がってる感があり、収穫の多い1日でした。

その磨いた「能力」をいかに日常生活の中で使いこなすか?

というが僕らの命題になります。

やっぱ長時間精神を集中させるのは疲れるけど良い訓練になりますね。

その後は高円寺で打ち上げです。

皆さん、お疲れ様でした!

盛り付けは雑だけどこれで1300円!驚きのコスパ

興味ある人は是非トンレン部に遊びに来て下さいね!