丹田が元氣かどうかチェックする方法

こんにちは 谷山です。

氣塾には色々な人が来られます。

知識豊富な人、練功をやっていた人、「氣」などについて全く知識がない人、弱ってる人・・・・・

ホントさまざまな人が来られますが、多少なりとも「氣」などについて知識を持っている方が多いです。

「チャクラ」という単語を知らなくても「丹田」という言葉を知っていた人も何人かいました。

そんなみんなが大好き(?)な丹田について書いてみます。

丹田について

丹田はおへその下、約3センチぐらいの場所にあります。

この画像は全身のチャクラの場所ですが、下から2番目のオレンジ色の箇所が丹田です

チャクラで言うと2番チャクラになります。

厳密に言うとインドの身体論である「チャクラ」と中医学の「丹田」では相違がありすぎるので

「2番チャクラって丹田じゃなくね?」

という説がありますが、実際に氣が出ている場所を確認すれば分かりますが「丹田」と「2番チャクラ」は同じです。

丹田は色々と呼び名があります。

「氣海」(きかい)

氣が海の様に貯まる場所という意味 「経穴」とか学んでる人はこう呼んだりします。

「臍下」(せいか)

「臍」(へそ)の下にあるからというそのまんまな意味

などと呼ばれる事もあります。

他には「関元穴」(かいげんけつ)などと呼ばれたりもします。

「丹田」は「氣から出来る「丹」を耕す場所」という意味合いがあります。

また、中国の考え方だと「丹田」は体に3つあり、「下丹田」「中丹田」「上丹田」と呼ばれています。

チャクラで言ったら2番、4番、6番です

「内丹術」では全身を釜戸に見立て、「ふいごの呼吸」と呼ばれる特殊な呼吸法で下丹田で氣を練ります。

こんなイメージ

そして「氣」練る事でさまざまな霊薬を作り出す事を目的としています。

まぁ、何にせよ「丹田」は基礎であり、根本でもあり土台でもある訳です。

丹田の役割

「丹田」は周囲から集めた「精」と呼ばれるエネルギーを自身の「氣」に変換します。

石油からガソリンを作る様な感じかな。

そして、内蔵全般にエネルギーを送る役割があります。

人間は内蔵が元氣であって初めて活力が生まれる訳ですので、「丹田」は「活力の元」と言われるのも納得ですね。

どんなに高性能の車でもガソリンが無ければ走れないのと同じで、活力を生み出す「丹田」は「全ての元」と言えるかもしれません。

活力が沸かない人や地に足がつかず、フワフワしている様な人は「丹田」の稼働が弱っている可能性が非常に高いです。

チャクラを開発していく上での土台となる「丹田」

インドでは「7つのチャクラが大切だ」と言い、中国では「3つの丹田が重要」と言い、日本では「丹田を育てろ」と言います。

これはその国の時代背景によって、重要度を決めていたと推察されますがそれはまた別の機会に詳しく書こうと思います。

ともかく国は違えどインド、中国、日本とそれぞれで重要とされていた部分の共通点はやっぱり「丹田」です。

万国共通だね~ やるね~丹田!(3カ国だけだけど)

ただ、氣塾で教えている「マスターヨーガ」はインド発祥のモノであるのでやっぱり「7つのチャクラ」が重要であるという風に考えています。

2番チャクラである「丹田」の開発から徐々に上部のチャクラ開発をしていくのですが、チャクラ開発が進めば進むほどやっぱり土台が重要になってきます。

チャクラは上に上がれば上がる程、神秘的な意味合いをもってきて霊的であり、発電するパワーもどんどん増してきます。

そのチャクラを使う為に土台である「丹田」が元氣よく稼働していないといけない訳です。

たまに「私は丹田が強い」という風に自慢げに言う人がいますが、僕らから言わしてもらうと「行」を進めていく上では「丹田が強くて活力がある」ってのは当たり前の事です。

なので「丹田が強い」という人は

「俺、土台だけはしっかりしてるんだ」

と言っている様なもので一見とても良い感じに映りますが、土台があるだけでは意味を成しません。

その強固な土台の上にどのような立派な建物を作るかが重要になってきます。

要は何事も「基礎」と「土台」が大事って事です。

丹田が元氣かどうか調べる方法

「私の丹田は弱ってるんじゃないでしょうか?」

こんな質問をいただく事があります。

基本、「丹田」は生命力を生み出す場所になるので、「丹田が全く稼働していない」という人はいません。

ただ、活力や覇気が無い状態だと不安に思う人もいるのも事実です。

もし自分で「丹田が元氣かどうか?」という事を調べたい場合は右手を丹田から5センチぐらい離します。

そしてゆっくりと呼吸をした時に右手に何か「圧」の様なモノを感じると思います。

チャクラも呼吸をするので自分が呼吸をした時に丹田から発するエネルギーの質で丹田が元氣かどうかを知る事ができます。

ただ、この方法は右手の感度に左右されるので手に何も感じない人もいるかもしれません。

もし「圧」を感じてもその「圧」が元氣な状態なのか元氣じゃないのかは最初は判断が難しいと思います。

なので、色々な状態の時にこの方法を試してもらって

「お!今日は調子が良さそうだ」

とか

「う~ん イマイチ元氣じゃなさそうだ」

などと自分の体調と照らし合わせながら精度を上げていって貰えればと思います。

氣塾では施術によりチャクラの蓋を開けて呼吸法でチャクラから強烈に氣を発します。

ですがチャクラの蓋が開いていない状態でも氣は発してはいるので何となく調子が分かるかと思います。

ぜひ自分の「丹田」の状態をチェックしてみて下さいね。

「丹田呼吸」などに代表される様に、「丹田」は昔から非常に重要視されてきました。

今はネットなどで「丹田呼吸」と調べればやり方はたくさん出てきます。

毎日の活力の為に「丹田」を元氣にする事を考えてみても面白いんじゃないでしょうか?