すっげぇ簡単に出来る「サザエさん症候群」対処法

谷山です。

今日は土曜日ですね~

記事をアップするのは夕方ちょっと前ぐらいの予定ですので、土日でお休みの方はちょうど連休最初の夜を楽しみにしてる時間だと思います。

僕なんかは土日が一番忙しくなる日なので、土日休みの人が羨ましいです・・・・・

さて、そんな土日休みの人で日曜の夕方ぐらいになると月曜日からの仕事を考えてしまい、憂鬱な時間を過ごす人もいます。

そんな人の症状を「サザエさん症候群」と言うそうです。

日曜の夕方に始まる「サザエさん」を見ると

「休みも終わりか~ はぁぁ」

となる事からこの名前が付けられたみたいです。

なかなか上手いこと名づけるよね。

ちなみに英語で言うと「ブルーマンデー」(憂鬱な月曜日)です。

サザエさん症候群を発症する人の特徴

連休最終日になると陰鬱な氣持ちになる人を「サザエさん症候群」と言いますが、どういった人が「サザエさん症候群」になりやすいのでしょうか?

・だいたい睡眠不足
・金曜の夜はテンションが高い
・休みの日はいつもより寝る
・休みの日にこれといって予定を入れない
・運動不足
・無趣味

こういった特徴がある人が「サザエさん症候群」になりやすいそうです。

実は「サザエさん症候群」になりやすい人は「うつ」予備軍でもあるし、「サザエさん症候群」自体が既に軽度の「うつ」とも言える訳です。

まぁ、とにかく色々試してみよう

「サザエさん症候群」って名前はなんか可愛らしいですが、実は「うつ」とも言える状態なので実際は全然かわいいもんでもありません。

本人からしても、仕事に行きたくねーわ、氣力も沸いてこねーわ、でも仕事行かねーと飯食えねーわで大変な訳です。

どうにかしたいのが本音だと思います。

でも、簡単に仕事辞める訳にもいかないですしね・・・・・・

そうお悩みの人はさっき書いた「サザエさん症候群になりやすい人の特徴」の逆の事を試してみてほしいです。

・毎日よく寝る

・テンションを上げすぎない

・休みの日もいつも通り起きる

・休みの日に予定を入れる

・定期的に運動する

・趣味を持つ

他にも「仕事の後にご褒美を作る」とか「ファッションを楽しむ」なども有効とされています。

要は「規則正しい生活」を送る事を心掛けた方がいいって事ですよね。

いちばん楽な「サザエさん症候群」対処法

要は「規則正しい生活」を送る事を心掛けた方がいいって事ですよね・・・・・・・・・・

そんな事を書きましたけど、「規則正しい生活を送った方がいい」なんて別に「サザエさん症候群」とかに関係なく、みんな分かってる事ですよね。

自分で書いててアホかと思いました。

そう、でもそんな事分かってるけど忙しいサイクルが「規則正しい生活」を送る事を許してくれない人なんてたくさんいると思います。

また、長年のルーティーンが固まってしまい、生活に新しい習慣を入れる事が難しくなってる人もいます。

そういった人にお勧めしたい「サザエさん症候群」対策は

「感情を観察する」

という事です。

感情にはいろいろな種類があります。

心地よい感情、爽やかな感情、ビリビリする感情、まとわりついてくるような感情・・・・・

その沸いてきた感情に対して、「良い、悪い」というジャッジを一切せずに観察してみて下さい。

感情をジャッジ抜きに観察していると

「沸いてきた感情と一体になるかどうか」

というのが選択できるようになってきます。

「う~ん・・・・この不快な感情とは一緒になりたくないなぁ」

こんな感じになったらしめたもので、不快な感情が沸いてきたとしても綺麗にスルーできるようになります。

「サザエさん症候群」で沸いてくる負の感情を観察するだけで、乗り越えられるとしたらかなりお手軽な方法だと思いませんか?

感情はエネルギー

はっきり言って

「感情を観察する」(観行・かんぎょう)

というのは慣れてしまえば、これほど自分の精神をコントロールするのに役立つモノはないし、運動や他の方法に比べて非常に楽な方法です。

ただ、沸いてくる感情も「エネルギー」です。

沸いてくる感情が強ければ強いほど「エネルギー」の吸引力みたいなのも強くなり、一体になろうとしてきます。

「怒り」などの強い感情で我を失う人っていますが、それはまさしく「感情のエネルギー」と一体になり、支配されてしまっている状態です。

それほど「感情のエネルギー」は強烈です。

なので「感情を観察する」と一言で言っても、すぐに出来る訳ではないですし最初のうちは沸いてくる感情に取り込まれてしまうのが普通です。

感情を上手に観察するには「慣れ」と「感情に負けない氣力」が必要になってきます。

ちょうど、僕のところに通われている生徒さんで「サザエさん症候群」で悩んでいる方がいらっしゃいましたが、普段からの呼吸法による瞑想と日ごろ鍛えている氣力でもって感情を観察する事により「サザエさん症候群」の症状が軽くなった方がいます。

「行」もそれなりに進んだ方だったので、少し意識するだけで症状は軽くなりましたが、瞑想も呼吸法もやっていない人がいきなりやったからと言って上手くいくかどうか分かりません。

でも、「サザエさん症候群」に悩んでいつつ、スポーツなど新しい習慣を取り入れる事が難しかったりした場合、とりあえず「感情」を観察する癖をつけてみて下さい。

さっきも書いた通り、いきなりは難しいかもしれませんがやり続けていればいつか必ず効果が出てきます。

「谷山とかいう奴のブログの書いてあった通りにしても全然変わんねーなー」

と思ったとしても続けて下さい。

沸いてくる不快な感情と一体になるぐらいだったら観察を続ける練習をしていた方が百倍マシです。

これは「サザエさん症候群」に限らずです。

沸いてくる感情を常に観察し続ける事で

「感情というのは自分本体ではないな」

みたいな氣付きがあれば最高です。

何にせよ「月曜日」は一週間の始まりである訳で、皆さん「氣力」が充実した状態で迎えてほしい訳ですよ。

「サザエさん症候群」なんてやっつけちまえ!