パワフルでスピリチュアルなチャクラ

こんにちは 谷山です

僕の教室で7番チャクラの開発に突入した方がチラホラいます。

7番チャクラは頭頂部にあるチャクラで、非常にパワフルです。

サンスクリット語では「サハスラーラ・チャクラ」と言われ、英語では「クラウン(冠)チャクラ」と言われています。

氣塾では単に「7番」と読んでいます・・・・・

さて、この「7番チャクラ」を開発していく事でどのように変化が起きるのでしょうか?

チャクラの中で一番のパワー

いつも「練氣波」(れんきは)と呼ばれる氣を氣脈とチャクラに流してチャクラを稼働させていきます。(手の平がビバビバするから皆「ビバ」と呼んでいます)

こんな感じ 写真では腕の氣脈に流してます

このように、下のチャクラから開発を進めて行き、順々に上のチャクラへ上がっていく感じです。

初めて7番チャクラの開発をする時、今まで氣脈が開いて無かった箇所にビバを通す訳です。

首の後ろ辺りから頭頂部へかけて氣を流し、7番チャクラまで到達すると、「氣の内圧」が凄まじい事になります。

「氣の内圧」=「パワー」となりますので7番チャクラを廻す事でかなり氣を発電させる事になります。

初めて7番を開発した時は

「人様にこれだけの内圧をかけるって事は責任重大だな・・・・」

としみじみ感じたもんです。

僕の中では「氣力の強化」は「筋トレ」に近いイメージです。

それだけの発電をしている訳ですから、当の本人はそうとう氣力が強化されているって事になります。

スピリチュアルなチャクラ

7番チャクラは氣塾では「禅」と呼ばれる事もあり、スピリチュアルでは「天とつながるチャクラ」とも言われています。

何故かと言うと、「答え」を教えてくれるからです。

「天とつながりましょう」とか言いますが、「天」とつながって何がしたいか?というのが重要になり、7番チャクラを稼働させる事で全ての「答え」を知る事が可能になる・・・・・と言われています。

さっきは7番チャクラの「パワフルさ」について説明しましたが、パワーがつくと同時にその人の「感覚」も開いていきます。

もうこれは言葉での説明には限界があるのですが

「その人の感覚が開いてきているのが伝わってくる」

としか言えない感じです。

分かりやすい所だと視界がハッキリしだしたり、今まで感じなかった味を感じたり、と五感も冴えてくると思います。

もちろん、五感だけでなくいわゆる第六感の冴えも大きく増してくるでしょう。

それでこそ「天とつながる」チャクラの本分といえます。

でも、意識しないと掴めない

「視界が冴える」「味わいが変わる」と例をあげましたが、こういった事は気付かなければ「別に~」と変化してないのと同じ事になります。

僕の場合は「視界がクッキリとした」変化があったのですが、(7番チャクラ開発の時では無いですが・・・)その「クッキリ」も数日でそれが当たり前になってしまい、今では「クッキリ感」は感じません。

要は「慣れた」って事です。

「感覚」というのは慣れてしまうモノですし、意識しないと気付けないモノでもあります。

まぁ、それでもトレーニングを続けていれば「気付いたらめちゃくちゃパワフルになってた」という事はよくあるのですが、どうせならば一つ一つの変化に気付いてもらいたいもんです。

その「気付き」を得てもらうのが僕の仕事でもあり、難しい所なのかな~とか思ったりします。

「霊性」なんて普段生活してれば気付かないモノかもしれませんが、7番チャクラを稼働させていくとその「霊性」が開いていくとも言えるかもしれません。

そして7番チャクラ開発は「氣」に火をつけていく「内丹術」への準備段階でもあります。

氣質も変わり、さらにパワーが増していくのを是非楽しんでもらいたいもんです。