生徒さんが練功を始めて起きた変化

こんにちは 谷山です。

少し前ですが、僕んとこに通われている生徒さんからご感想を頂いたのでご紹介したいと思います。

K・Sさんのケース 30代 女性 受けている施術「氣力の強化」

Sさんの場合、ご自身が感じた変化を箇条書きに近い形で頂いたので、それぞれをご紹介しながら補足的なモノを入れていきたいと思います。

味覚が変わった!

手作りのもの、新鮮なものがとても美味しく感じられる反面、コンビニやファーストフードは受け付けなくなった。

食事や食材の「生」や「愛」の有無がなんとなく分かるようになりました。

「練功」をやっていると全身の氣脈が開いてきます。

特に内蔵に関してはモロにその傾向が出ますので、舌の感覚も鋭くなります。(舌も内蔵ですし)

なので「美味しい物はより美味しく」なり、「体に悪い物や受け付けない物はさらに受け付けなく」なります。

味覚などの「五感」に関しては結構分かりやすい変化なのかもしれません。

ちなみに僕は「視覚」がクッキリする感じが強かったですね~

肺活量が増えた!

練功とほぼ同時に始めた水泳が、どんどんブレス(息継ぎ)の回数が減り、その気になれば25メートル一回の息つぎで泳げるようになった。
スポーツ音痴なので、自分でも信じられない。
人に話しても誰にも信じてもらえないのが悲しいです・・・・・・

これは「呼吸法」による肺の活性化が大きな要因だと思います。

「氣塾」の呼吸法はパワーを生み出す呼吸法なので、息を力強く吸い込んだり吐いたりします。

僕も呼吸法を始めた時、自分の肺が「メシメシ」と音を立てて広がっていくのを感じました。

それにしても25メートルを一回の息継ぎって凄いですね。

「呼吸法始めたら息継ぎしなくなった!」

確かににわかには信じて貰えないかもしれません(笑)

自分を高める事に興味が強くなった!

何かするにも これからの自分にとってどうプラスになるか考える様になりました。                                      嫌な事も、その出来事から何を学べるかをいつも考えてます。

Sさんは元々、人から影響を受けやすいタイプのエンパスさんでした。

「ネガティブ」を直に受け取ってしまい、色々なマイナスを抱えてらっしゃいましたが「氣力」を強くする事で「自己成長欲」が強くなり、本来持っている「プラス思考」も強くなったのだと思います。

「ネガティブ」に負けない強さを身に着けつつあるんですね。

自分らしく振る舞えるようになった

人目が気にならなくなったので、のびのび自分らしく振る舞えるようになった。
自分が苦手だと感じていた人と分かり合えるようになりました。           ただ、逆に自分を押さえて生きてる人には妬むような言動される事がある。

これも「氣力」が強くなる事で本来の自分を表現し始めている傾向にあるのでしょう。

ただ、人にとって「人間関係」というのは一生付きまとう「課題」でもあるので妬みや嫉妬を向けられた時に「いかにしてクリアしていくか?」というのが重要になってきます。

「氣力」が強くなればなるほど「課題」は簡単にクリア出来るようになりますからね。

孤独を感じる事もある

今まで周りにいた人との 生き方や考え方に対するギャップを感じる。        そして疲れる。
話したい、でも分かってもらえない。
下手したら変人扱い。
孤立感はあるけど、寂しくはない。                        これから起こることや自分自信に自信をもてるようになったからですかね。

Sさんの周囲には「氣エネルギー」など「目には見えない事」についてアレルギー反応を示す方が多かったりします。

そんな中、「感覚」が開いたSさんからしたら周囲から浮いてしまってる印象を持つかもしれませんね。

かくゆう僕もそうでした。

Sさんは元来、明るい性格の方で

「面白い事を発見したら周囲の人にも伝えたい!」

と考える方です。

ただ、「氣エネルギー」に関しては人を選ぶ部分があるので孤立感はことさら強いのかもしれません。

ただ、さっきも書いた通り「人間関係」というのは一生ついてくる「課題」でもあり、Sさんのこれからの人生の為に今は必要な「孤立感」なのでしょう。

ファイトです!

感情と集中力

感情に関しては怒りや悲しみは普通に出て来るし、むしろ以前より顕著かもしれない。 ただし、引きずる事が無くなりました。                      集中力に関しては以前より明らかに増してます。
「いまここ」を意識できるようになったからかな?

「氣力」が強くなると様々なモノが強くなります。

もちろん「怒り」など「ネガティブ」と言われている感情も強くなります。

しかし、そういった頃には「氣脈」の詰まりもなくなっているので、「感情のエネルギー」が留まらない様になっています。

人間だれしも「感情」を持っていますし、振り回されなければ「感情」というのは素晴らしいモノだと思っています。

氣力を強化し、「感情」という自分らしさを出しつつもそれらをコントロールしていける事が「ヨーガ」の本来の意味である「くびき」に繋がると思います。

結局ヨガって何が目的なの?

そして、呼吸に集中する事により「未来」「過去」に捕らわれず、「いま、ここ」に集中する事で普段の集中力も大幅に増しているのでしょう。

瞑想の効果ですね^^

Sさんは今、「サードアイ・チャクラ」(6番チャクラ)の開発に入りました。

これから氣力もどんどん強くなりますし、さらに変化していくと思います。

Sさん、ご感想どうもありがとうございました!