最終的な決断はエネルギーをより使う方へ

谷山です。

今日は

「スケジュールとエネルギー消費」

について書いてみようと思います。

例えばあなたにあるそこそこ大切な予定があったとします。

でも、今日は何だか疲れてるし元氣がない・・・・・

今日の予定はキャンセルしちゃおうかな・・・・

そんな風に考ちゃう事はありませんか?

僕は過去に何度もありました。

そういう時って例えば予定をキャンセルしたとしたら、その日は楽なんですけどその後って今までと変わらない日々を送る事になるんですよね。

なんかダラ~としてしまいます。

まぁ、さして大した予定じゃなければそんなに問題は起きないかもしれないですけど、それが大きな予定になればなるほど行動するのに「エネルギー」を消費してしまいますので、余計おっくうだし、後々まで引きずる問題を生み出したりするんですよね。

そういう時って少しだけ頑張って予定通り行動した方が後々の為に絶対良かったりします。

以前の仕事で嫌というほどそれを見てきました。

職場にすら来れない人達

こういう記事を書いていて思い出すのは僕が「水商売」をやっている時の事です。

今風に言うと「メンヘラ」とかいうのかな~

とにかく精神的に安定していない娘が多い職業でした。

まぁ、二十歳そこそこの娘があれだけ激しいエネルギーが行き交う業界にいたら精神も病んでしまうのも頷けるんですけどね・・・・・

とにかくそういう娘は仕事の成果が安定しません。

というか「出勤率」自体が安定していない事が多いです。

「すいません、今日は出勤できそうにないです・・・・」

そんなメールをしょっちゅう貰っていました。

理由を聞いても「すいません」だけだし、電話できる氣力もないからメールだけだし、レスポンスは異常に遅いし・・・・

一般社会では通用しない事ですけどそんな事がまかり通っちゃう業界でもあります。

次に出勤してきたら「お説教タイム」が始まる訳ですが、そんな感じで弱ってる娘は同じ事を何回も繰り返します。

そんな事を繰り返してたらよっぽど結果を出せる娘じゃないと「クビ」になるのは必然でもあるんですけどね・・・・

そうしたらその娘は違うお店に移る事が多いのですが、そこでもまた同じような事を繰り返して、また違うお店に移って、繰り返して、移って繰り返して・・・・・という事を繰り返します。

詳しく理由などを聞いてみると何だかんだと理由はつけますが、結局のところ「氣力不足」が原因です。

まぁ、そんな娘を面倒見るのが仕事でもあった訳ですが、こっちは心の中では

「ここで変わらなきゃ同じ事を繰り返しちゃうな~」

といつも思ってる訳です。

ある意味とても厳しくて、ある意味とても甘やかさせる業界なんですよね。

無断欠勤を罰金で許しちゃう業界ですから。(ちなみに無断欠勤は罰金2万円でした)

決断はエネルギーをより使う方をチョイスした方が絶対に良い

「職場へ出勤する」

というのは当たり前の事ですよね。

でも、「仕事」とまでは行かなくても

「スケジュールをキャンセルしようかどうか迷ってる」

そんな場面は誰にでもあると思います。

そういう時ってよっぽど行きたくない理由がない限り、大体が「氣力不足」が原因だと思うんですよね。

まぁ、言葉では「面倒くさい」とか「おっくう」などと言ったりしますが、結局の所は氣力が足りてないんです。

特に

「人と会う」

というのはエネルギーを使いますからね~

さっきの水商売の女の子の例じゃないですけど、そこで予定をキャンセルしてしまうのははっきり言って「逃避」です。

楽な方へ楽な方へと向かった先に何があるのかと言えば

「いつまでも変わらない自分」

しかいないんじゃないかと思います。

人間にはその時、その時の「課題」というモノが存在します。

その「課題」から逃げたり遠ざけたりすると、また同じような「課題」がやってきます。

だったら最初から少し頑張ってその「課題」をクリアした方が話が早いし、自分の成長にも繋がります。

氣持ちは分かります。

確かにスケジュールが入っていて、その予定がどうしても「おっくう」だったりする事はよくあります。

「ああ・・・・今日だっる~ 約束断っちゃおうかな」

そんな風に思ってしまうのもよく理解できます。

でも

「予定通り行動するか? それとも動かないか?」

こういう選択に迫られた時、ほんのちょっと頑張ってエネルギーを使う方を選択し続けていけば、ちょっと先の将来が大きく変わるという事を実感して貰いたいです。

「人生は選択の連続だ」

こんな言葉を聞いた事があると思います。

「今ある選択肢の中でどれが一番エネルギーを使うだろうか?」

そんな風に考えて行動できればきっとあなたはグングン成長していくでしょうね。

だってエネルギーは使えば使うほど自分の力になって返ってくるんですから。