楽になりたければ「呼吸」を変えろ!

谷山です。

「氣塾」は「マスターヨーガ」と「内丹法」を伝える修行の場です。

そんでもその「行」の効能は精神やエネルギーが弱っている人にも効果が大きいので、実際に弱られている方も多くいらっしゃいます。

弱ってしまっている人が「行」の力でパワフルに変身していき、元氣にはなったけれども「行」の魅力にハマってしまい、そのまま「行」を続けている人もたくさんいます。(僕もそのクチです)

「弱りきってしまう」

そんな風になってしまうのには肉体的、精神的、エネルギー的な要因など色々な要因がありますが、弱りきってしまっている人に共通している事があります。

それは

「呼吸が浅い」

という事です。

今日は普段みんなが何氣なく行っている「呼吸」というモノについて書いてみようと思います。

「呼吸」は精神の表れ

「呼吸」は誰でも毎日行っています。

だけれども「呼吸」の大切さについて知っている人はほんの一握りです。

人間は怒ったり興奮したりすると「はぁはぁ」と浅く激しい呼吸になり、「悲しみ」などを感じてる時には沈んだ力弱い呼吸になります。

「恐怖」を感じてる時にはまさに「ハッ」と息を飲み、元氣な時にはハツラツとした力強い呼吸になります。

その事から分かる様に人間の「呼吸」と「精神」というのは明らかに繋がっているんです。

ただ、さっきも書いた通り「呼吸」の重要性を知っている人は少ないので自分の感情に振り回され、呼吸が乱れてもそのままにしてしまう人も多いのでしょう。

それじゃあ、まるで制御できない馬に乗り続けている様なもんですよね。

そんな状態で「楽に生きたい」と考えてもなかなか難しいものがあるのではないでしょうか?

「呼吸」をコントロールする

「呼吸」には色々なコントロール法があります。

僕ら「氣塾」でいうと

・氣を発電させて元氣になる呼吸

・精神を静める呼吸

・ゴチャゴチャした思考をスッキリさせる呼吸

などがあります。

もちろん、この3つの呼吸は「氣塾」において基礎の呼吸法になるのですが、その基礎ですらこれらの効果がある訳です。

この世に無数にある「呼吸法」を全て覚える必要はありませんが

「この呼吸はこういった効果がある」

という様に「My Favorite 呼吸法」をいくつか持っていてもいいんじゃないかな~と思います。

ちょっと話がズレてしまいましたが、さっきも書いた様に精神の乱れは「呼吸」に表れます。

「恐怖」を支配しなくても「呼吸」を支配すればいいのです。「勇氣」ではなく「技術」だと僕は思います。ツェペリファンの人すいません・・・

逆にどれだけ精神が乱れていたとしても「呼吸」を整える事で自分の精神をコントロールする事が可能になります。

さらに「呼吸」は人間の生命エネルギーである「氣」すらもコントロールする事が可能です。

「精神が弱ってしまっている」

「楽に生きていきたい」

もしそんな風にお考えならば「呼吸」に対しての認識を少し変えるだけでずっと人生が楽になると思いますよ。

氣塾で教えている呼吸法をブログで書かない理由

過去記事でもさんざん「呼吸」の重要性については書いていますが、「氣塾」で教えている呼吸法をブログで紹介した事は一度もありません。

よく木村師匠が

「氣塾の呼吸法は秘伝だ」

と仰られますが、僕なりに「秘伝」である意味を考えた事があります。

「秘伝」のタレ

「氣塾」に伝わる呼吸法は数千年続いた修行体系が源になっています。

それこそ数千人、数万人の先達の人達から受け継がれたモノです。

それを受け継いでいる僕らはおいそれとそれを公表できるモノではないですし、すべきでは無いと思います。

さらに「氣塾」の「呼吸法」は強烈に人を変えていきます。

なので僕らはセッションを行う事で生徒さんの変化の様子を見ながらレッスンを進めます。

何度か記事にしてますが「行」には付きモノの「闇」があります。

それは「魔境」とか「偏差」などと呼ばれるモノで一種の「スピリチュアル・エマージェンシー」と呼ばれる緊急事態です。

スピリチュアル・エマージェンシー

何の事がいまいちピンと来ない人は「統合失調症」とか「躁うつ」を思い浮かべて下さい。

もしブログやホームページで無責任に呼吸法だけを伝えて、それを実践した人に大きな変化があったとしても僕らはどうしようも無い訳です。

そうならないように定期的にセッションを行い、生徒さんの変化を観察しているんです。

「行法」に限らず、「伝える」という事は責任を伴います。

なのでブログなどで氣塾の「呼吸法」を公表するべきではないんですね。

まさしく「秘伝」である訳です。

ただでもやっぱり「呼吸」は大事

まぁ、何だかんだ書いておりますが、「呼吸法」はお伝えできなくてもやっぱり「呼吸」は大事なんです。

なので何らかの理由から「氣塾」へ来れない方でも「弱ってしまっている」と思うのならば「呼吸」を意識する事を超絶オススメしたい訳です。

さっき「無責任はダメよ」と書いたばかりなのに無責任になってしまうかもしれませんが、今はネットで呼吸法を探す事は非常に容易です。

もし一人で「呼吸法」をやっていて実感が沸かない場合はお住いの近くの「呼吸法教室」なり「ヨガ教室」へ行ってみても良いと思います。

ただ、一人で「呼吸法」を探すのに注意して欲しいのは「丹田呼吸」や「グラウンディング呼吸」など「下半身」を意識させる呼吸法を探す様にして下さい。

「天と繋がる」とか「6番チャクラ活性呼吸法」と言った「上へ上へ」と昇る様な呼吸法は一人では行わないようにした方が良いと思います。

「呼吸」は精神だけでなく、「氣エネルギー」をも操ります。

「上へ上へ」と上がる様な呼吸法を一人でしていたら土台がしっかりしないまま上部に氣が集まってしまい、それこそ「スピリチュアル・エマージェンシー」に陥りかねません。(実体験)

でも大体の人が上部のチャクラが好きなんだよな・・・・・・

まぁ、そんなこんなで「呼吸」は「精神」に直結していて、「精神」は「人生」に繋がります。

「自分の人生をどっしりと有意義なモノにしたい」

もしそんな風にお考えなら是非とも自分の「呼吸」に意識を向けてみると良いですよ。

僕は「呼吸」を変えるだけで大いに人生変わりましたから。