あなたの性格はどのタイプ? 長所は? 欠点は?

谷山です。

いや~、久しぶりの更新になりました・・・・・・

一週間近く更新してなかったのにブログのPV数(閲覧数)は下がるどころか上がってやんの。

色々な検索ワードから過去の記事などを見てくれている人も多いみたいで嬉しいですね。

ワードプレスに変えて良かった・・・・・

ブログ自体をワードプレスに変更して一年ちょっとが経ちます。

アメブロなどの無料ブログとの大きな違いとして

「過去に書いた記事を検索から見に来る人が多い」

という事が僕的には一番大きい変化です。

無料ブログって最新記事はみんな見に来てくれるけど過去記事って検索に引っ掛かりづらいんですよね。

なので過去記事もちゃんと検索に引っ掛かるようになってからは、毎月の新規の申し込みの数も安定してきて、「ブログは資産」という言葉が本当に身に染みるこの頃です。

そんな感じでゴールデンウィーク中も新しいご新規さんがちょいちょいと来てくれて、僕的に新しい刺激になりました。

そんなご新規さんの方からお話を聞いていると色々と感じる所もあったりします。

まぁ、ここに来られる大体の方って「氣力」が弱ってる事が多いですからねぇ・・・・・

自己分析がどうしても否定的っぽくなる事が多い

初めて来られた方から話を聞いていると

「自分は他人の顔色を伺ってしまう癖が強くて・・・・・」

と話される方が多くいらっしゃいます。

まぁ、いわゆる「エンパス体質」の人ってどうしても「人の顔色を伺う」っていうのが習慣になっちゃうんですよね。

世間一般的にも

「人の顔色を伺う」

って言葉にあんまり良いイメージはありません。

僕も「エンパス」の端くれとして、その様に人の顔色を伺ってしまう氣持ちも分かりますし、自分のパワーが落ちている時って自分のそういった性格を卑下してしまうのもよ~く分かります。

僕自身、以前は自分のそういった性格が嫌だった時期もありました。

でも「氣力充分」となり、恋(嘘)も仕事もバリバリこなせる様になってからはそういった「人の顔色を伺う」という事自体が実はとても素晴らしい事なんじゃないかと思うようになってきました。

何故なら

「人の顔色を伺う」

っていうのは言い換えると

「他人に対して氣配りを怠らない」

とも言い換える事が出来るんだと思うからです。

だって、常に人の様子に氣を配ってる訳ですよ?

そんなのなかなか出来る事じゃないと僕は思います。

僕は長年サービス業に従事していた人間ですから、「他者に対して氣を使う」という事がどれほど大変で素晴らしい事なのかはよく分かってるつもりです。

実際には僕の所に来られる方は「氣」のバランスが崩れてしまっている方が多いので、「氣配り」どころではなく、他人に対してオドオドと接してしまうというマイナス面が強調されますが、バランスが整って「氣力」もついてくれば「オドオドと顔色を伺う」という部分が「他者に対しての気配り」という風に変化できる訳です。

本人からしたら

「オドオドと人の顔色を伺ってしまう性格」

だったとしても、少し違う角度から見ると

「他人に対して氣配りできる性格」

という風に性格一つ取っても見る角度を変えるだけで大きく違ってくるもんだな~、と感じます。

あなたの性格はどんなタイプ?

さっきも書きましたが、僕は長年の仕事柄か

「他人に対して氣を使うのが好き」

という性格を自覚しています。

自分が人に氣を配って喜んで貰うのが趣味なんですね。

我ながら良い性格してるな~、と思う時もあります(笑)

でも、この性格も違う角度から見たら

「アイツって氣に入られようと必死だよな」

ってな感じで「あざとい」とか「わざとらしい」と思われる可能性も否定しません。

自分が好きで人に対して氣を使ってるのに、人から見たら逆に不快感を与えかねません。

それは絶対に避けたいところです。

なので

「よし!これから氣を使うぞ!!」

と決めた時でもけっこう探り探りながら氣を配ったりします。

要は自分の性格の長所と短所が自分だけの目線からだけではイマイチ分かりづらいんですよね。

そんな事を考えながら何とな~くネットを徘徊してたら面白そうなページを発見しました。

「無料性格診断テスト」

です。

リンクは文字本体に貼ってあります

よくある「性格診断」と違って、自分の性格を診断する質問の数がハンパ無くあります。(全部で100問)

それに質問自体の内容もけっこう細かく聞いてくる内容となっていまし、答えも「同意する」「同意しない」「中立」をバロメーター別に7段階設けられています。

なのでけっこう細かい所までちゃんと診断していくれるような印象を受けました。

キチンとやろうとすると10分以上はかかってしまうんですが、一度はやってみる価値あると思いますよ。

自分のタイプを客観的に見てみる

この「性格診断」をやってみると僕の性格タイプは「エンターテイナー型」でした。

この「性格診断」ってかなり細かい質問を潜り抜ける必要があるだけあって、かなり自分の性格に対して適格な事が書いてありました。

もちろん「良い部分」も書いてあれば「悪い部分」も書いてあります。

エンターテイナー型の人達が直面する最大の課題は、目の前の快楽に集中しすぎて、こうした贅沢を可能にするための義務や責任を怠りがちな点です。複雑な分析や繰り返し作業、統計を実際の結果と照合する作業は、得意ではありません。それよりも、運やチャンスに頼ったり、あるいは単に幅広い友人に助けを求めたりします。ぜひ、自身の年金の積み立てや砂糖の摂取量など、長期にわたって何かを追跡し続けてみましょう。こうした事柄を気にかけてくれる人が、常に周りにいるとは限らないのです。

また、独特の高級感がある物の価値と質に気づきます。しかし、計画性のない性格と相まって、これが収入以上の生活をする原因ともなり得、特にクレジットカードは危険です。長期目標に向けて計画を立てることよりも、チャンスに飛びつくことに集中するエンターテイナー型の人達は、その無頓着な性格により、負担できる金額以上の出費をしてしまったこともあるでしょう。

この部分なんて

「え!? 何で俺の事が書いてあるの!?」

と思っちゃうぐらい自分の性格の事を適格に表してたりします。(自分を知ってるからクレジットカード持ってないですもん)

こういう感じでどのタイプにも「良い点」や「課題点」が書いてあるので、時間見つけて遊んでみて下さい。

さっきも書いた通り、「自分の性格」って自分で分かっていても自分からの視点でしか判断できません。

遊び半分ではありますけど、こうやって客観的に自分の性格を見てみるのも良い勉強になると思いますよ。

是非やってみて下さいね。