今年最後の氣塾!

谷山です。

昨日は飯田橋で今年最後の「氣塾 東京大会」が行われました!

今回は比較的「トンレン」に慣れている方が多かったので、グループに別れてフリースタイルで「トンレン」を行いました。

僕達は三人でトンレンを行い、三人で「氣」を循環させる訳ですが一人があえて循環を塞き止めるとどうなるか?という事を実験してみました。

「氣」は三人の間を氣持ちよく循環しています。

それを僕が循環を止める事で、隣のTさんには「氣」は流れません(茶色のトレーナーの人)

という事はNさんにも氣は流れなくなります(後ろ向きの人)

なんかこう全体的に「スカスカ」になるような感じです。

ただ、僕の所にバンバン流れてくる「氣」を堰き止めてるので僕自身は「氣」でパンパンになっていきます。

もう何か全体的に違和感しかないんですよ。

やっぱり「循環」って大切ですよね。

そんな感じで各人で塞き止める役を交代しながら「氣」で遊んでました。

その後もパートナーを変えながら「トンレン」の練習を行いました。

面白いモノで、ちょっと前までは

「いや~、全然分からないですね~」

なんて言っていた人がバンバン「氣」を読めるようになっていたりします。

もう普通に「氣」を感じ取ってる訳ですよ。

成長するって何だか素晴らしいね。

やっぱり各人の「感性」というか「個性」は本当に千差万様で、同じ「氣」を読み取っても様々な受け取り方があるという事を再認識しました。

特に女性に関しては個人差は有るものの、皆さん「感性」が豊かでちょっと嫉妬してしまうぐらいです(笑)

女性の感性の良さに嫉妬している所

「男はパワー型で女は感性(読み取り)型」

こういった事は分かってはいるのですが、「トンレン」をすると改めて感心してしまいます。

その後は全員で「背中のツボを開いて背中のコリをほぐす運動」を行ったり、「氣」を感じ取る右手センサーの精度を上げる練習なども行いました。

背中のツボを開いて氣を感じ取ってる所

点穴!!

そんな感じで今年最後の「氣塾」も終了です。

皆さん、お疲れ様でした!

2017年は色々な出会いが会った一年であり、また色々な別れもあった一年でした。

僕が今、実感してる事というと

「人との交わりが自身の成長に繋がる」

という事です。

色々な人がいればそれだけの「視点」があり、一つの出来事でも受取りかたも全然違う訳です。

そういった様々な「視点」を感じ取る事というのは本当に勉強になります。

これからも色々なモノを吸収して更なる成長を目指してまいりますので、皆さんまた来年もよろしくお願いします!

「氣塾 東京大会」は今年は終了しましたが、12月23日は中野で「トンレン部」です!

今年最後の締めくくりを盛り上げたいと思いますのでご興味ある方は奮ってご参加下さいね!