アウトプットは最高のインプット

谷山です。

「マスターヨーガ」と「内丹法」は古くから「支配者」「指導者」の為に生み出された技術です。

「支配者」「指導者」というぐらいですから、他者に対してバツグンの「影響力」を持っていないといけない訳です。

「誰にも影響を与える事の出来ない指導者」

ってあまりにも惨めですもんね(笑)

まぁ、「氣力」を鍛える事でそれらの「影響力」を身にまとう事が可能になる訳ですが、実際に教室に通われている生徒さんの中でも

「他人から影響を受けまくってしまって辛い」

という人は多くいて、「行」を進める事で他人からの影響を受けないようになり、他者への影響力を強めていっています。

「他人から影響を受けづらくする」

というのは

「他人への影響力を強める」

とも言える訳であり

「他人から影響を受けたくない」

というのは、ひいては

「他者に対して影響力を増したい」

というのと同義とも言える訳です。

「行」をやるタイプの人はアウトプットが苦手

そんな感じで日々、強く逞しくなって頂く為に「行」をお伝えしていますが、そんな毎日を過ごしているとある事に氣付きます。

「行を進める人ってアウトプットが苦手だな」

という事です。

もちろん、全ての人がそれに当てはまる訳ではないのですが、生徒さんの中で結構な割合で苦手な人がいるのも事実です。

「影響力」というのは何もしなくても発揮されるモノではありません。

やはりそれ様の「発信」が出来て初めて影響は広がっていきます。

でも、「行」を進める人の多くは「内向性」が強く表面に出ている事も多く、内向的であるが故に「インプット」するのは得意でも「アウトプット」する事がかなり苦手な傾向がある様に感じます。

まぁ、「行」自体、「内向的」な人が向いてるとも言えるんですけどね。

そんな感じで「行者」という人種は「アウトプット」が苦手な人が多いな~、と感じる今日この頃です。

アウトプットをすればインプットの質が高まる

僕は自分でブログを書き始めてから「アウトプット」の大切さを知りました。

なので、何かしら目標をお持ちで頑張ってる生徒さんには

「ブログ書いた方が良いですよ」

と伝えています。

すると

「何を書いていいか分からない」

というお返事を頂く事も多いですが、はっきり言って最初からそんなに質の高い「アウトプット」をするのは不可能に近いです。

最初は何でも良いので、とりあえず「アウトプット」する癖をつけるのが大切だと思います。

いきなりハイクオリティなアウトプットをしようとすると何書いていいか分からないくて身動きとれなくなっちゃいますからね。

何でもいいんです。

日常の愚痴でも、不平不満でも。

まずは何か「アウトプット」をしましょう。

自分が思った事や学んだ事を「アウトプット」という目に見える形で表現する事により、自分自身で新たな「氣付き」や「学び」という良質の「インプット」が得られます。

ただ勉強したり、本を読んだりするだけでは「氣付き」は得られません。

「目に見える(聞こえる)形」でアウトプットする事で、「知識」が「知恵」に変化します。

もちろん「ブログ」を書くだけがアウトプットではなくて

・ノートに書く

・人に話す

・フェイスブックなどのSNSに書き込む

・人のブログや投稿にコメントしてみる

など色々な方法があります。

別にあなたが「行者」じゃなくても「自ら情報を発信する」、というのはより自分自身の理解を深める事が出来ますので是非とも自分自身を「アウトプット」してみて下さいね。

自分なりのアウトプットをするのが大切

ここまで「アウトプット」の大切さを書いてきましたが、どうせなら普通に「アウトプット」するよりも「自分なりの視点」というモノを取り入れていった方が絶対に良いです。

「自分なり」と言ってもそんなに難しく考える必要はなくて、インプットした情報を自分なりの言葉に置き換えたり、自分の視点や考え、「思い」などの感想を入れながらアウトプットしていくと、「アウトプット」の技術も上がります。

しかも、一度仕入れた情報を自分なりの視点から発信していく事によって、インプットした情報を頭の中で編集する事になるので自分自身の理解度も深まります。

「行」において体感として「理解度」が深まるというのは非常に大切な事で、ただ聞いた事を実践していくよりも進みが何倍も早くもなります。

その様に「アウトプット」をする事で更なる「インプット」が生れれば「行」の質もどんどん良くなってき、自分自身の影響力も強くなっていく訳です。

しかも、今の時代はネット環境が整っていますので、自分が「アウトプット」する事で利益を得た人達から収入を得る事も全然可能です。

「アウトプット」をすると「自分自身の行が深まる」「影響力が強まる」というだけではなく、「収入を得る事が出来る可能性がある」というメリットもある訳です。

というか、もうほとんど「メリット」ばっかりになるんです。

あなたがお金を払って得た「インプット」を是非、自分の「発信力」に変えてたくさんのメリットを得て貰いたいですね!