お酒と氣の関係

こんにちは 谷山です。

突然ですが皆さん、お酒は好きですか?

僕がこの業界に入って驚いたのはヨガや気功をやる人達ってお酒を飲む人達って少ない事です。

僕は若い頃は「バッカス」(酒の神)とあだ名されたぐらいお酒好きな人間です。氣なんてしらなかった頃はお酒をただ飲んでいただけですが、氣の練功をやり始めてから分かったお酒を飲んだ時の氣の状態などをお伝えしたいと思います。

お酒を飲むと氣はどうなるのか?

まず、お酒を飲むと体の周りを循環する「氣エネルギー」が大きくなり、循環している輪郭がボワ~ンと歪みます。

これは飲酒量に応じてそうなります。

ボワ~ンと歪む訳ですから、一緒にいる人の氣と交じり合いやすくなります。

飲酒量に応じて歪みが大きくなるので感覚もどんどん麻痺していき、飲酒量が増えたり前後不覚になったりもします。(飲み過ぎ注意)

「お酒を飲んで意気投合」とか「飲(ノミ)ニケーション」と言われるのはお互いの氣が交じり合っているから起きる現象なんですね。

歪んだ氣の循環は他者と交じり合いやすくなるのですが、交じり合いやすいという事は他者からの影響を受けやすくもある状態と言えます。

これは「氣が同調しやすくなる」と言い換える事もできます。

「うぃ~ヒック 分かるよぉ~ 君も大変だったんだなぁ・・・・・」

なんて顔を赤くしたおじさんは容易に想像できますね(笑)

まぁ、おっさんが酔っ払っているぐらいなら大して害もありませんが、「氣の循環」は自分のフィールドでもある訳ですから、そのフィールドが歪むという事は実は結構な事なんです。

歪んだ自分のフィールド

歪みあった人同士が楽しく意気投合するのは全く問題ないと思いますし、むしろそういった状態は個人的には好きです。

ただし、「酔っ払って氣が緩む」という言葉通り、歪んだフィールドは人間に大きな「隙き」を作ります。

酔っ払って過ちを犯しっちゃった人!

大丈夫ですよ、僕なんて両手の指じゃ足りないぐらい犯してますから><

まぁ、冗談はさておき人間は酔っ払うと大きなスキを作ってしまいます。

これはエネルギー的に結構問題です。

僕なんかは一般的に「憑依体質」「エンパス」と言われる体質の人間なんですが、お酒を飲むと目に見えないエネルギーの影響を受けやすくなります。

フィールドが歪む事により、他の侵入を許してしまうんですね。

エネルギーに関して専門職に就いているぐらいですから、多少の悪影響を受けても問題は無いし、排出もできますがあまり気持ちの良いものではありません。

飲んでいる場所によって受ける影響も大きく違いますしね。

ただ、これが「氣エネルギー」なんて知らない一般の人だったらどうでしょうか?

歪んだフィールドで知らず知らずのうちに他の侵入を許してしまい、少しづつ侵食されてしまう可能性も充分にあります。

いわゆる「人が変わってしまった」という様な現象が起こる可能性もある訳です。

僕の周りにもそういった人がいるのも事実です。

まぁ、そこまでなる可能性は低いのも事実ではありますが、お酒を飲むと氣の循環が歪むのも事実ですし、内蔵はアルコールという「毒物」を排出するのにエネルギーを消費するので、活力が沸かなくなる事もあります。(いわゆる二日酔い)

本当はお酒なんて飲まない方が全てにおいて良いのでしょうが、分かっちゃいるけど辞められないのが人間ってもんですよね(笑)

ほどほどに楽しみましょう、ほどほどに・・・・・・・・