なぜエネルギーは伝授できるのか?

こんにちは 谷山です。

ネットサーフィンなどをしていて

「ヒーリングエネルギーを伝授します!」

という文言を見たことはある人いますか?

「ええ?これを受ければ私もエネルギーを使える様になるの!?」

なんて思った方もいると思います。

実際、僕も興味を抱いて「伝授」を受けた事もあります。(それがメニューにもなってるヒーリングです)

でも何で「エネルギー」が伝授できるのか?

また伝授を受けなければそのエネルギーを使う事は出来ないのか?

そこら辺に疑問を抱いていたので、僕なりに検証をしました。

結果から言うと伝授を受けなくてもエネルギーを使う事は可能です。

ま、詳しくは本文を読んでみて下さい。

エネルギー伝授

「エネルギー伝授」に関しては実は古くから存在しています。

「シャクティ・パッド」という言葉を聞いた事がある人もいると思いますが、これは「導師」(グル)から弟子へ授けられるShakti(エネルギー)の伝授です。

最近は「エネルギー伝授○○円!」と現代風になってはいますが、実際は昔からの宗教儀式でした。

伝授をする際は独自のマントラ(呪文)やムドラー(印)、ヤントラ(補助具)などを授けて独自のエネルギーを流します。

これが「伝授の儀」です。

これを簡単に説明すると

伝授する側がエネルギーを降ろし、そのエネルギーとの接点としてマントラなどを伝授する訳です。

例えるなら

タクシー(エネルギー)を呼び出すのに、一度電話でタクシー会社に電話して呼び方を教えてからタクシー会社の電話番号(マントラ等)を教えるみたいな感じです。

簡易的な方法ではマントラを教えるだけの伝授もあります。

まぁ、タクシー会社の電話番号を教えて貰えば自分で電話掛けれますからね。

ただ、自分で「氣エネルギー」を扱っていく上で「伝授」に対して疑問に感じた部分もありました。

マントラ無いと駄目なのか?

「レイキ」にしても何にしても大体の「伝授」にはマントラなどを使用します。(ちなみに僕が行うヒーリングはマントラとムドラーを使用)

これに対し

「マントラが無ければエネルギー使えないのか?」

という疑問が沸いてきました。

僕は「伝授」に関しては自分とエネルギーの「縁結び」みたいな風に捉えています。

「ご縁さえ結べてしまえば、エネルギー使えるんじゃないのか?」

と考えた僕は色々な事を試してみました。

結果から言うとほとんどのエネルギーは「伝授の儀」が無くても使用できる事が判明しました。

もちろん、一度そのエネルギーを自分で体感しないと使用する事は出来ません。

ただ、一度体感して「ご縁」さえ結んでしまえばそれらを必要とする事無く使用できます。

よって、必ずしも毎回マントラなどの補助的なモノが無ければエネルギーを使えない訳ではないという事が分かりました。

エネルギーは盗める

「特にマントラなどが必要ない」

という事が分かった僕は検証の為に「エネルギーヒーリング」を受けに行ってみました。

僕は「降ろす系のエネルギー」という風に表現してますが、マントラなどを使用するエネルギーヒーリングは自分のエネルギーとは違います。

言うなれば「高次元のエネルギー」です。

「高次元のエネルギー」は人間の「氣」と違って波も無く、誰が降ろしても同じエネルギーです。

その「降ろす系」のエネルギーを浴びながら「波長」を体に覚えさせます。

そうする事で「ご縁」が結べて自分でもそのエネルギーを使用する事が出来る様になります。

簡単に言えば「知ってしまえば自分でも使う事が出来る」様になる、という事です。

細かいコツなどもありますが、それは文章で説明できる範疇のモノではないので省きます。

ですので、言葉は悪いですが

「エネルギーは盗める」

と言える訳です。

「盗む」というと印象悪いですよね。

でも、術者は商売道具として「おおやけ」にしてるモノですし、もし盗まれたくないならそれなりの防御策はとっておくべきだと思います。

まぁ、「盗む」という言葉に抵抗があるなら「コピーできる」と言い換えてもいいです。(あんま変わんないか)

「エネルギー」は元々誰のモノでも無いからね。

なので僕からエネルギー盗みたい人いたらどんどん盗んで貰って構いませんよ。

でも正直、エネルギーワークをやってる身としては「どのエネルギーが使えるか?」というのはさして問題ではなく、「エネルギーをどの様に使うか?」が重要なのでエネルギーを盗んだだけでは使いこなせないのが実情ですけどね。

まとめ

こんな事を一時期検証していましたが、あんまり意味が無い事に途中で氣づきました。

何か「資格マニア」みたいな感じがするんですよね。

「趣味で資格をたくさん持ってるけど実用的なモノはない」

みたいな感じです。

そこで新たに

「人間からエネルギーを貰う事は出来るのか?」

という事を試したら何氣におもしろい結果が出た事があります。

それはまた別の機会に記事にさせて貰おうと思いますので、もしご興味あればその記事のアップをお待ちいただければと思います。

まぁ、今回の結論から言うと自分で「ご縁」さえ結んでしまえば高いお金を払ってまで伝授を受ける必要はないという事でした。

ただ、お金を払って伝授を受ける事を否定してる訳ではないです。

自分で「ご縁」を結ぶには多少のコツが必要ですからね。

トレーニングをしないで「エネルギー」を流したいならばお金を払うのもアリだと思います。

でも「伝授」を受けるなら「どうやって自分や周りの人の役に立てるのか?」という事をしっかりと意識して受けた方がいいと思いますよ。