氣塾 東京大会の様子

谷山です。

ちょっと時間の関係上、アップする記事が前後してしまいましたが、11日に行われた「氣塾 東京大会」の様子をご紹介したいと思います。

ただ、「氣塾 東京大会」は13時から17時まで行われるのですが僕は僕で生徒さんの施術が目いっぱい入っていたので、ず~っと隅っこで施術をしてました。

なので、生徒さん以外の人ともまともに話もしていないし、トンレンも全然やってません。

写真は忠臣さんが撮ってくれていたので全体の雰囲氣だけでもお伝えしたいな~、と思っています。

「ゆうがたヨクサル」さんの講義からスタート

まずは「ゆうがたヨクサル」さん事、「Sさん」が「トンレン」についてお話されました。

「氣」っつーのは僕は「感性」だと思ってるから、同じ「氣」を読んでいても人それぞれで感じ方が違う。

しかも、それを自分の体感として話すとなると本当に千差万別な表現になってくると思う。

流石「Sさん」事、「ゆうがたヨクサル」さん、熟練された表現で聞いていてとても分かりやすい。

喋ってってたまに「ふふっ」って一人でほくそ笑むのも素敵です。

そこから僕は施術に入った訳ですが、皆さんは3人1グループになってフリースタイルトンレンをやっていました。

僕は端っこで施術してます。

遅れてきた生徒さんが合流してさらに人数は増えます。 僕は立って施術をしてます。 男同士で抱き合ってる訳ではありません。 こんな大勢の中でただ抱き合ってる男同士がいたらキモいでしょ。

こんな感じでみんなワイワイガヤガヤと楽しそうにトンレンしてたのですが、僕はただただ黙々と施術をしていました・・・・・・

3番チャクラをほじくり中

「春日野部屋で起きた傷害事件についてお聞かせ・・・・」「何カメラ回しとんじゃい! 止めんかい!!」 っぽくやってみた(笑)

神戸氣塾 廣瀬教室の廣瀬先生のトンレン どんな事をやっているのかは全く分かりません。

ゆうがたさん、ナカジさんの熟練組と初参加の方のトンレン。 バタバタしてて初参加の方とご挨拶もできませんでした・・・・・

Nさん(左)とTさん、初参加のUさんとのトンレン。 Nさん以外は谷山教室の生徒さんです。

岩田氏、学生Kさん、ボブさんの三人トンレン

まぁ、そんなこんなで今回の「氣塾 東京大会」も終了した訳ですが、印象的だったのはもう氣塾で長年修行されている女性二人の印象がとても変わった事でした。

看護師をされているNさんと学生Kさんですが、軽く話をしただけでも雰囲氣がとても逞しくなっていたのが分かります。

特に学生Kさんは今は「行」が四段目に入り、「陰」の氣質を鍛えています。

本人的には

「自分自身が陰の氣を鍛える事で心も陰質になっているようで辛い」

と仰っていましたが、それはある意味で「逞しさ」ともとれるんだな~、と実感しました。

学生Kさんはとても明るい方ですが、やっぱり「明るさ」だけでは本当の強さにはなれないんですね。

自分も通った道ではありますが、「陽氣さ」「陰氣さ」の両方を受け入れて本当の強さを手にいれるんですね。

客観的に感じれて勉強になりました!

「逞しくなった証」って訳じゃないですけど

「いつか谷山さんを蹴落としてやる!」

とか何とか言ってました。

10年早いです。

出直してきて下さい。

今回僕は皆の輪に入らずに外から全体を見ていた感じになりましたが、何だかいつもよりとても雰囲氣が良かったように思います。

やっぱり「場」の雰囲氣が良いと居心地が良いですね!

次回からももっと良い雰囲氣が作れるように頑張っていきますよ!

まぁ、俺何にもやってないんだけどね・・・・・・

皆さんお疲れ様でした!!

打ち上げも盛り上がりましたよ~