10月の氣塾!

谷山です。

教室の場所も新しく引っ越して、まだいまいち勝手が分からない部分もありますが、元氣にやっております。

ただ、いまだ新しい場所にはネット環境が無く、仕事を終えて帰宅してからのブログ更新なのでこんな時間の更新になってしまいました・・・・・

先週の金曜日に引っ越しをして、それから来られた生徒さん達から新しい教室について色々なご感想をいただきました!

・場所が分かりづらい

・建物の中に入ってからが迷う

・隠れ家みたい

・一周回って素敵

・部屋自体は綺麗

そんなご感想を頂いておりますが、まさにすべてのご感想が当てはまるような場所です。

そんな素敵な(一周回って)場所でこれから頑張っていくのでどうぞこれからもよろしくお願いいたしますm_ _m

昨日の氣塾

そんなこんなで(全く関係ないけど)昨日は水道橋で「氣塾 東京大会」でした!

僕は前日にケガをしてしまい、痛みを堪えながらの参加でした。

基本、木村先生のセッション中はみんなでトンレンの練習をするのですが、最近は手練れが増えてきて特にトンレンの「お題」を決めずにフリースタイルで練習する事が多いです。

最初にトンレンをしたAさんは1年2か月ぶりでの「氣塾」の参加です。

互いに氣を循環させ、相手の状態を読み取りますが、Aさんが循環が終わるなり

「はい、全く持って何も分かりません」

と言い切られてました。

多いケースだと、もしトンレンをして氣を読み取る事が出来なかったとしたら

「いや~ ちょっとわからないですね・・・・・」

と少し控えめに言う人が多いなか、こんなにも堂々と「分からない」と言い切られるとこちらも氣持ちよくなります(笑)

まぁ、何はともあれAさんにも氣を感じ取って頂きたいので、比較的分かりやすい部類に入る「感情のエネルギー」をAさんに流しました。

最初は「ネガティブな感情」、次に「ポジティブな感情」を流してその違いを感じ取ってもらいます。

するとAさんが

「あ、これは分かります」

と氣の違いを読み取られました。

そうなんですよ!

「分かる」と思えば分かってくるのが「氣」で「分からない」と思ってると本当に分からないのも「氣」なんです。

事前に説明をして氣を流すと本人的に「スッ」と入ってくる事が多いんですよね。

Aさんは男性なのでやっぱり理論で考えるタイプなんですよね。

そんなAさんが

「瞑想状態について知りたい」

と仰っていましたので、瞑想マニアである「ゆうがたヨクサルさん」を呼んで誘導瞑想してもらいました。

僕の右のスリムな女性がヨクサルさんです。

ゆうがたヨクサルさんは「瞑想」を行う上で重要な「意識レベル」が非常に低い人で、自分の「意識状態」を常にコントロールしている人なので普段から瞑想しているような人です。

※「意識レベル」が高ければハイテンション、低ければローテンションみたいな感じだと思ってください。

ゆうがたヨクサルさんが瞑想に入り、その状態を氣で共有します。

僕とAさんにゆうがたヨクサルさんの状態が伝わってきました。

僕からすると

「久しぶりのゆうがたさんの氣だな~ 相変わらず意識ひっくいな~」

と懐かしむ感じだったのですが、Aさんはゆうがたヨクサルさんの意識のコントロールに軽く衝撃を受けたみたいでした。

久しぶりの参加のAさんの学びの足しになって良かったな~と思います。(ヨクサルさんありがとう!)

その後は、会場の片隅で生徒さんとセッションを行いました!

ちょうど、6番チャクラの開発が終わるところで、次回から7番チャクラの開発に入る生徒さんです。

僕的にチャクラの中で一番使い方が難しい7番チャクラですが、難しさを排除しつつ使い方を分かりやすく伝えていけたらな~と思っています。

まぁ、その後もみんなでトンレンしてたんですが、僕は基本、見学にまわりました。(手、痛かったからね・・・・・)

頑張れ!俺以外のみんな!!

そんなこんなで今回もあっという間に「氣塾」が終了しました。

やっぱり人と接するという事は本当に良い勉強になります(基本、見学だったけど)

皆さん、雨の中お疲れ様でした!

また次回もよろしくお願いします!!