自律神経の乱れと呼吸

谷山です。

「自律神経の乱れ」という言葉を聞いた事のある人も多いと思います。

テレビの健康番組などで耳にしたり、「自律神経失調症」という病名があったりもします。

僕らが行っている「呼吸法」というのは「自律神経」に大きく関係のあるモノとなり、「自律神経」の乱れを整える効果もあります。

今日はその誰にでもある「自律神経」について書いてみます。

「自律神経」って大事だよ。

そもそも「自律神経」って何なのか?

「自律神経」というのは自分の意志とは関係なく無意識のうちに機能している神経で、循環器、呼吸器、消化器などの活動を調節します。

人間の生命活動においてあらゆる器官をコントロールする神経です。

「自律神経」には2種類あり、「交感神経」と「副交感神経」と呼ばれています。

交感神経

人間の心と体を活動的にする役割があり、脳と体を良くも悪くも緊張させます。

主に昼間に働く神経であり、人間の活動をサポートしてくれます。

ただ、交感神経が活発になりすぎると、血管が委縮してしまい血の巡りが悪くなったりもします。

副交感神経

交感神経とは逆の働きがあり、主に体や心を休める時に働きます。

リラックスしている時などは副交感神経が優位になっている状態であり、主に夜に働きます。

こちらも活発になりすぎると血管が緩んでうっ血したり、「過食」などの行き過ぎた行動を取ってしまう事もあります。

自律神経の乱れ

そんでこの「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れるとどういった症状が出てくるのかというと「倦怠感」「頭痛」「動悸」「不眠」「生理不順」「発汗」などの肉体的症状から「不眠」「イライラ」「抑うつ」「情緒不安定」などの精神的症状も現れます。

これがいわゆる「自律神経失調症」と言われる症状です。

ただ、現在も医学的に全て解明されている訳ではないので原因不明の症状は「自律神経失調症」で片づけられてしまう事も多いです。

女性に多い「更年期障害」も更年期の女性は女性ホルモンの分泌が低下し、自律神経のバランスを崩す為に起きると言われています。

まぁ、何にせよ「自律神経」というのは一見地味ですが、重要度はかなり高いんです。

現代は「自律神経」の乱れを誘発しやすい

「自律神経失調症」は現代病です。

現代は昼、夜関係なく働いたり、ストレスを貯め込みやすい環境だったりする事が当然としてまかり通っています。

また、一歩表に出れば人間の「欲求」を刺激する物で溢れかえっています。

現代では「交感神経」(活動的)である事が良しとされている風潮があるので、自律神経も休まるヒマがありません。

そんな状態の中で生活してる訳ですから、いろいろな部分でバランスが崩れてしまうのもある意味ではしょうがないと言えるのかもしれませんね。

「自律神経」と「呼吸」

そんな「自律神経」ですが、自分の意志とは無関係に働く神経なので自分でコントロールするのが一見難しいように見えます。

しかし、人間は自分の意志で行えて「自律神経」に唯一アクセスできるモノを持っています。

まぁ、サブタイトルにもある通り「呼吸」なんですけどね(笑)

「呼吸」は人間が自分の意志で行える数少ない生命活動であり、重要なモノでもあります。

その「呼吸」をコントロールする事で「自律神経」のバランスを保つ事も可能になります。

偉そうな事言ってますが、実は僕も「刺激」が大好きで色々な「刺激」にウハウハしてしまいます。

ただ、そのようにして「交感神経」が優位すぎる状態になった時には「呼吸法」で「副交感神経」を優位にさせてバランスを保つようにしています。

さっきも書いた通り、現代では「交感神経」を優位にさせる事ばかりですので「副交感神経」を優位にさせる事が一番楽なバランスの取り方だと僕は考えています。

要は「リラックス」する事ですね。

「副交感神経」を優位にする呼吸法

「交感神経」を優位にする呼吸法のやり方は

1.口から息をゆっくりゆっくり吸い込みます

2.吸いきったら今度はゆっくりため息を吐く様に吐き出します。(吐く時に出来るだけ体の力を抜く事を意識して下さい。)

たったこれだけです。

この呼吸法を10分間やるだけでかなりリラックスできて「副交感神経」が優位になります。

「え~ 10分も呼吸法なんて出来ないよ~」

と思う人もいるかもしれませんが、1日じゅう刺激を受けて「交感神経」が優位になりまくってる状態から10分でバランスを取り戻せるとしたら安いもんだと思いませんか?(高い安いじゃないけど・・)

僕もいろいろな「刺激」を受けまくった日はやっぱり寝付きが悪かったりするし、明らかに神経が高ぶってるのが分かります。

でも、この呼吸法をやるだけで一氣に体の力が抜けて「さっきまでの興奮は何だったんだ・・・」というぐらい落ち着きます。

もちろん、「呼吸法」も慣れですから10分で寝付けるぐらいまでリラックスさせるのは練習が必要かもしれません。

でも、寝付けるぐらいはいかなくてもかなりのリラックスが得れるのも事実です。

10分行うのが難しいなら最初は3分ぐらいから始めてもよいです。

実際、セッションでは似た呼吸法を行うのですが、リラックスしすぎて寝落ちする生徒さん続出です。(氣力がついてくると寝落ちする頻度も減りますが)

さっきも書いた通り、現代は人間の神経を乱すモノが一杯です。

でも、我々現代人はその中で生きていくしかありません。

乱れた世の中を生き抜く一つの方法として「呼吸法」を実践されるのも面白いと思いますよ。

是非試してみてね。