人生を成功させるエネルギーの使い方

谷山です。

人間って普段生きてるだけで「氣力」(エネルギー)を消耗しています。

「生きてるだけで疲れる」

なんて言葉をよく聞いたりしますけど、でもそれって「エネルギー」の上手な消耗のさせ方を知らないからなんですよね。

まぁ、そんな事は学校では教えてくれないから仕方のない事かもしれませんけど、僕から見てたら本当にもったいなく感じます。

なので今日はそんな人に向けて自身が持っている「氣力」の使い方なんかを僕なりに書いてみたいと思います。

エネルギーとお金の使い道は似てる

僕的な考えですが、自分が持ってる「エネルギー」と「お金」って何だか共通点が多いような氣がします。

お金の使い方として

「消費」「浪費」「投資」

という3つの使い方がありますが、エネルギーの使い方もその様に考える事ができるのかな~、と思っています。

まずは「お金」の観点から使い道3つを見てみましょう。

消費

「消費」としての使い方は

・家賃

・食費

・光熱費

・税金

などの生活に関わるモノが多くあります。

まぁ、どうしても避けては通れない使い道ですね。

一番重要な部分です。

浪費

そして「浪費」には

・ギャンブル

・趣味

・旅行

などが挙げられます。

ストレスを貯めてしまって衝動的に買い物などをしてしまうのもこの「浪費」に入りますよね。

必ずしも必要とは言えないもので、第三者から見たら無駄遣いとみられてしまう可能性がありますが、ある程度は必要な使い道だとも言えます。

投資

最後に「投資」は

・資格取得

・学校に通う費用

・株式投資

などがあります。

使った費用以上の見返りが期待できるお金の使い道です。

ただ、必ずしもプラスになるとは言えません。

この様にお金には主に3つの使い方があると思ってください。

お金の使い方の理想の振り分けは

消費7 浪費1 投資2

が理想的だと言われています。

では次に「エネルギー」の使い方を見てみましょう。

エネルギーの使い道

お金は物質ですし、「全部でいくらあるのか?」という事が非常に分かりやすいです。

でも、「氣力」は目には視えないモノなので自分の持ってる最大量がイマイチ分からないですし、どのように使っているかも分かりづらいです。

なので、ここでは「氣力=行動」だと考えていただければ良いかと思います。

消費

まぁ、これは主に「仕事」がメインではないでしょうか?

普段の生活の中で仕事をしているだけで「エネルギー」はかなり消費されます。

でも「氣力」は循環させればさせるほど強くなるので

仕事して疲れる→回復→疲れる→回復・・・・・・

というような循環を繰り返していけば徐々に「氣力」も強くなっていきます。

新しい仕事を始めのうちは不慣れな事もあって疲労感もかなりのモノになりますが、慣れてくるにつれてエネルギーの消費も減っていきます。

「以前より少ないエネルギー消費で同じ量の仕事が出来るようになってくる」

という事は

「エネルギーの絶対量が増えている」

とも言える訳です。

仕事をされていない方はエネルギーの消費は少ないかもしれませんが、循環量も少なくなるので「氣力」は強くなりづらいです。

アウトプットが少ないからね。

でも、「仕事」がハード過ぎて氣力の回復も追いつかずボロボロになってしまっている人もいます。

う~ん、日本人っぽい。

なのでどちらが良いとかは一概に言えないです。

ちなみに「未修練エンパス」と僕が呼んでいる敏感だけどそれに氣付いていないor対処法を知らない人達はこの消費量が人より多かったりします。

浪費

これは「趣味」をしている時とか「遊び」をしている時だと思います。(遊びをしている時って日本語が変だな、まぁいいか)

まぁ「氣晴らし」とか「氣分転換」だと思ってもいいかな、と思います。

でもギャンブルとかだと負けが込んで逆にストレスを貯めてしまう可能性もあります。

実体験ですけど・・・・・・・・(泣

僕的にはこの「浪費」は絶対に必要だと思っていますが、「浪費」にエネルギーを消費しすぎても良い事はないのでほどほどが一番ですね。

投資

これは「勉強」とか「探究」かな?と思っています。

「勉強」は分かりやすいですけど「探究」ってちょっと分かりづらいですよね。

「やりたい事探し」とかでもいいです。

自分がやりたい事に向かって行動する事はまさしく「エネルギーの投資」と言えるし、もしやりたい事がなかった場合、自分のやりたい事を探す行動も「エネルギーの投資」と言えます。

ステップアップの為のエネルギーの消耗が「投資」なので、転職の為の仕事探しなんかもこの部類に入ると思います。

でも、日々の仕事でも人間関係でも「消費」が激しすぎて「投資」までエネルギーが回せない人もたくさんいます。

現代の日本はあまりにも「消費」させられてしまう社会だな、と思うのは僕の仕事柄のせいでしょうか?

現状がどうしても消費が多すぎて身動きがとれない場合でも、ほんとに少しでも良いので「投資」にエネルギーを回さないと現状を脱する事は難しいです。

エネルギーの使い方のバランスも

消費7 浪費1 投資2

ぐらいが丁度よいのではないでしょうか?

あなたはどの項目に一番自分のエネルギーを注いでいますか?

あらためて考えてみても面白いと思いますよ。

幸せになりたいなら絶対に「投資」は欠かせない

「幸せ」って人それぞれだし、なんだかホワホワしてて掴みどころがないので、「人生を成功させる」とか「目標を達成する」でもいいです。

「やりたい事が分からない」

そんな相談を受ける事もままありますが、そういった人ってけっこう停滞してしまっている感があります。

「エネルギーの投資」がいまいち出来ていない状態です。

本を読む、人と会う、運動してみる、セミナーや勉強会に参加するなど何でも良いので

「自分の進むべき道は!!」

と探究する事から「投資」は始まります。

「何からやっていいか分からない」

とか

「何が分からないかも分からない」

などと、そんな風に考えてしまうと行動する事が出来なくなってしまい停滞してしまうと、ただただエネルギーを消費するだけになってしまいます。

「何でもいいからまずは行動する。正解、不正解すら行動しなければ分からない」

こういった考えを持って行動するだけでエネルギーの消耗は「消費」から「投資」に変わります。

「何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、氣力、モチベーションを持って継続していくのは非常に大変な事であり、私はそれこそが才能だと思っている」 ー羽生善治ー

しびれるわ~

やりたい事が仕事になったらエネルギーの消耗のほとんどは「投資」になる

これは自分が感じている事であります。

自分を例にするのはあれですが、今の僕は自分を成長させ、人間の精神を探究するという「自分がやりたい事」が仕事になっています。

セッションは相手に「氣力」を打ち込んでいく作業になるので、消耗量は一番大きいのですが、それ以外にも仕事はたくさんあります。

ブログを書く事もそうですし、調べものをするのも仕事に入ります。

参考書を読んだり、文献をノートにまとめたりするのも仕事です。(言うほどたくさんはねーな)

なんちゅうかな、仕事をしてもちろん「消費」しているのはしているのですが、消耗の大部分が次のやりたい事(仕事)に繋がる「投資」に変わっていっている訳です。

こうなってくると自分の行動のほとんどが「仕事」の為でありつつも「自分がやりたい事」を追究している事にもなっています。

まぁ、簡単に言うと毎日がとても充実しているのですよ。(時間が無くてブログ更新できない日が多いけど・・・・・)

本当にありがたい事だと思っています。

これは計らずも自分自身が数年かけて「投資」にエネルギーを使っていたからだと思います。

そして今も「投資」にエネルギーを注ぎまくっています。

そうなると未来がとても楽しみになってきます。

我ながら良い循環が出来てきているのかな~と思います。

まぁ、僕の事はさておき、この記事を読んでくれている方々も是非一度、ご自身の「エネルギーの使い方」(時間の使い方でもいいっすわ)を考えてみて下さいね。

未来が大きく変わってしまうかもしれませんよ。

なんせ人生は一度きりなんですから思いっきり楽しみたいじゃないですか。

「まだその時期じゃない」「環境が整ってない」とリスクばかり強調する人がいるが、環境が整っていないのは逆説的に言えば非常にいい環境だと言える。リスクの大きさはその価値を表していると思えばそれだけやりがいが大きい。 ー羽生善治ー

やっぱ羽生様って神っすわ。