Inspiration forget

谷山です。

昨日は銀座で木村師匠の個人セッションにお邪魔してきました。

写真などは撮っていなかったので雰囲気を伝えるのが難しいのですが、色々な方のお話を聞いて勉強になった一日でした。

いや~、やっぱり「人と話す」というのはいい刺激になりますよね。

「刺激」を受けると脳が活性化されて色々な事を閃いたりするもんです。

常に考えている事

僕の教室の集客のメインはこのブログです。

まぁ、言ってしまえばブログは「生命線」でもある訳でこのブログがたくさんの出会いを作ってくれます。

なので僕としても

「ブログに何書こうかな?」

と頭を捻るのは常であり、常時「ブログネタ」を探し求めてたりもする訳です。

ただ、面白いもんで「考えてる」時って実はまともなブログネタなんか思いつきません。

なんか無理にひりだした様な記事になってしまう事も多くなってしまうのですが、やっぱり「考える」行為というのは止まりません(まぁ、生命線だからね)

じゃあ、どんな時に「記事ネタ」が思いつくのかというと圧倒的に「刺激を受けた時」が多いのです。

よく

「〇〇からインスピレーションを受けて××を作った」

なんて言葉を聞く事もありますが、まさに何かしらに「刺激」を受けた時に「ハッ!」と閃く事がよくあります。

人と話す、運動する、本を読む・・・・・・・

脳が刺激を受ける瞬間はたくさんありますが、それらによって僕は書く記事を思いついたりします。

閃いたらメモを書け!

これはよく言われる事ですが、「閃き」は一瞬であり、すぐに脳を通り過ぎてしまいます。

なので何かを「閃いた瞬間」にメモする事をお勧めします。

人間ってホント閃いたと同時に忘れてしまう生き物なんですよね。

だからマジでメモとるの大事ですよ。マジで。

ブログネタを思いついた!でも忘れた!!

最初に書いた通り、昨日は個人セッションにお邪魔していたのですが、これは僕にとってかなり良い刺激になります。

良い刺激をたくさん受ける中で、本当にたくさんの「ブログネタ」を思いつきました。

「よし!この事をブログに書こう!!」

そんな瞬間が軽く5回以上はありました。

それだけで記事が5個以上書ける訳です。(会話の内容とは全然関係ないネタです)

でも、さっきも書いたけど「人と話してる時」に閃くんです。

あなたは自分と話してる人がいきなりメモを取り始めたらどう思います?

「フフッ 何か閃いたんだな」

なんて温かい目で見守る人って多分いないんじゃないかなと思います。

「何いきなりメモってんだ、この野郎は」

と思うのが普通なんじゃないかな~

というかそれ以前に会話の最中にいきなりメモをとるって失礼に値するんじゃないかな~と勘ぐってしまう訳です。(重要な会話とかなら別だけど)

なので僕は昨日は一切メモをとらずに

「よし!この閃いたネタはずっと覚えておこう」

などと考えていました。

そしたらやっぱりだよ、解散するぐらいの時には綺麗さっぱり忘れている訳さ。

「あれ~ 何だったけな~」

なんて思い出そうとしても全然思い出せません。

そんでそのまま寝て、朝起きたら忘れている事すら忘れていたよ。

俺ってバカだな・・・・・・

もうね、マジでなんも思い出せんのさ。

「チッキショーーーー」

まさに「小梅太夫状態」です。

でもあんまりにも間抜けで悔しいから「インスピレーションを忘れた」っつー事を記事にしてやろうと思って朝から記事を書いてる訳です。

皆さんも小梅太夫になりたくなければ何か閃いた時にはちゃんとメモをとるようにしてくださいね。

マジで忘れるから・・・・・・・・・