エンパシーを鍛える! 今年最後のトンレン部

谷山です。

今週の土曜日、12月23日は中野で「トンレン部」が行われます!

トンレンについて
こんにちは 谷山です。 今日は氣塾の技術の一つである「トンレン」についてご説明します。 皆さん、「トンレン」ってあまり馴染みのな...

何度もブログで書いている事ではありますが、「トンレン」は相手と「氣」を循環させて精神融合を計り、相手の状態を読み取る技です。

「精神融合」とか聞くと「難しそう」なんて思われる方も多くいますが、実際にやってみるとそんなに難しい事では無く、慣れてくれば「あ、普段からやってた事じゃん」みたいな感じになる人もたくさんいます。

例えばトンレンしている相手が肩こりが激しければ自分にも同じような肩こりが起こり、相手が怒っていたとしたら自分もその感情を抱きます。

「トンレン」をしていると相手の事がまるで自分の事の様に感じる事ができ、言い換えれば「精神融合」は「共感」とも言える訳です。

「無作為」と「意図的」は全然違う

僕は非常に多くの「エンパス」さんと接していますが皆さん共通している事として「他人と交じる」という事にに恐怖を抱いている事があげられます。

まぁ、あっちこっちからエネルギーを拾いまくってボロボロになってしまっている人が多いので氣持ちは分からなくはないですが、そういった「ボロボロ」になってしまっている人って「無作為」に他人のエネルギーと共感してしまっている訳です。

「トンレン」は確かに他者とエネルギーを混じり合わさせて行う事ですが、それは「意図的」に行います。

実はエネルギーを「無作為」に拾うのと「意図的」に拾うのでは天と地ほどの差があり、「無作為」の場合だと自分でもよく分からないままエネルギーを吸収しているので対処が難しいのですが、「意図的」であればいくらでも対処の仕様もあります。

しかも「トンレン」をしていると相手に対して強力に働きかける事になり、自身の「氣力」も強くなっていきます。

そんな感じで「意図的」に相手と共感する事により、他者を深いレベルで理解していく事が可能になる訳です。

「トンレン」と「エンパシー」

そうやって「トンレン」の練習をしていると相手の事がどんどん理解出来るようになり、慣れてくれば少し集中するだけで相手の事を感じる事が可能です。

また「意図的」にエネルギーを混じり合わせる事をやっていくと、例え日常の中で「無作為」にエネルギーを拾ったとしても

「あ、何か拾っちゃったな」

と感じる事ができ、ポイッといらないエネルギーを排出する事も出来るようになります。

ぶっちゃけ、元々「氣塾」では「エンパス」という概念はあまり使われていませんでしたが、実際にトレーニングをしていく中で

「あ、これってエンパシー(共感力)の強化じゃん」

と氣付いた訳です。

まぁ、別の記事にも書いていますが、「エンパス」と「氣エネルギー」というのは非常に密接な関係があり、他のブログなどに書いてある「天使」とか「神様」とかは「エンパス」とは関係ない訳です。

「氣エネルギー」についての理屈や理論をしっかりと理解しつつ、正しい方法でトレーニングを続けていけば「エンパシー」というのは使いこなせていく様になっているんですね。

「エンパシー」は人間に備わってる「機能」な訳ですから目に見えない存在などに頼る必要などないんです。

「自主自立」って素敵やん

「トンレン部」終了後には忘年会をやる予定です

そんな感じで2017年最後の「トンレン部」を中野で開催します。

場所は僕が借りてる中野の一室になりますが、当初はかなり人数オーバーになる予定でした。

なのでブログなどで告知するのはやめようと思っていたのですがここに来てパタパタと参加キャンセルの連絡が入ったので改めて告知をしようと記事を書きました。

そして「トンレン部」が終わった後はそのまま忘年会&クリスマスパーティーを行う予定です。

10月にやったトンレン部後の宴会 この頃は高円寺でしたね・・・・懐かしい

ホントはどこかお店を借りてやろうと考えていましたが、年末の土曜日に大人数で入れるお店を探すのも大変なのでそのまま「谷山教室」の部屋でやっちゃおうと計画しています。

今回の「トンレン部」の参加は「氣塾」に来た事があって施術を受けた事のある人限定ですが、もし

「トンレン部は時間的に行けないけど忘年会は参加したいな」

という人がいたら忘年会だけでも遊びに来て下さい。

料理は同じビルに入ってるお店から出前をとる予定なの本格的な感じになると思います。

今年最後のイベントを皆で盛り上げましょーーーーー!