エンパシーで振り回されてた人が地に足をつけると・・・・

こんにちは 谷山です。

皆さん、「妄想」は好きですか?

「妄想」って誰でもするもんですよね(多分)

ただ、過度な「空想」「妄想」は実は日常生活に支障をきたす可能性があります。

特に「氣エネルギー」に明るくないエンパスさんなんかは周りから影響を受けてしまい、「氣」がどんどん頭部に集中します。

「氣」が頭部に集まるとボッ~とする事が多く、どうしても「空想的」になりがちです。

そうなると集中力も無くなりますし、ボッ~とする時間も増えて「生きてる実感」みたいなモノも感じづらくなります。

いわゆる「地に足がついていない」状態ですね。

これを専門用語で言うと

「グラウンディングが出来ていない」

と言ったりもします。

今日は僕んとこに来られたとある「エンパスさん」が短い時間で急速に地に足がつきはじめ、どの様な変化があったか?という事をお話をしたいと思います。

エンパスはグラウンディングが苦手な事が多い

エンパスについて色々と書いておりますが、基本的に大体の人は自分のエンパシー(共感力)を制御できていません。

もうあっちこっちに勝手に「共感」(同調)してしまって周りの影響を受けまくってる状態です。

大体そういう人は

弱ってる氣力、詰まってる氣脈、正しい知識をしらない・・・・・・

などなど「影響を受ける」態勢はバッチリです。

もちろん「良い影響」も受けやすいのですが、ほとんどが「自分」と「その他」のエネルギーがごっちゃになってしまっています。

そうなると「頭部」に氣が集中してしまい、フラフラな状態になってしまいます。

こんなイメージ

しかもその「フラフラ」が本人にとっては「当たり前」の状態となってしまい、「フラフラ」な状態に対して自覚がない場合がほとんどです。

3ヶ月目の変化

その生徒さんは元々「人から影響を受けやすい」という自覚がありましたが、他人のエネルギーに自分が侵食されているという自覚は流石にありませんでした。

やはり、空想的な人で自分の世界に閉じこもる事も多かったそうです。

人から影響を受けすぎて

「自分が何をしたいのか?」

という事が自分でもハッキリと分からなくなっていたみたいです。

まずは「氣エネルギー」について説明をして人間の理想的なエネルギー状態をお伝えしました。

土台がしっかりとした理想的なエネルギーバランスのイメージ

この人の凄い所は

「自分は一刻も早く変わる!」

と決め、いつもの如く「空想」がフワンフワンと湧いてきた瞬間に

「ダメ!」

と空想を断ち切り、目の前の事に集中していたそうです。

施術と呼吸法で氣力はどんどん強くなるので、そういった「変わりたい!」という「意志」も強くなります。

今までかなり「空想的」で、最初のうちは施術をしていてもその「空想」がこちらにも伝わってくるぐらいでしたが、最初の施術から3ヶ月経った今ではそういった傾向がほとんど無くなりました。

正直、「空想」とか「妄想」って楽なんですよ。

何もエネルギー使わないから。

でも、それでは何の生産性もなく、どんどん現実から離れていってしまいます。

その「楽な世界」から「現実」へ自分を引き戻す「意志力」は流石の一言です。

空想を断ち切って起きた変化

「空想」の対義語は「現実」です。

「空想的」で無くなった生徒さんに起きた変化はとても「現実的」なモノでした。

呼吸法は瞑想に至る一つの方法です。

瞑想は「自分自身」を教えてくれます。

その生徒さんも今までは「空想」に邪魔をされて自分との対話が出来ていませんでしたが、それを断ち切る事により、自分自身が本当は何がしたいのか?という事に氣付く事ができました。

それは「行動」でも無く、「職業」でもありません。

もっと根源的なもので

「自分が何を感じてる時に一番喜びを感じるのか?」

という本質的なモノでした。

面白いモノでこの生徒さんはもうそろそろ「ハートチャクラ」の開発に入る段階です。

ハートチャクラは「思いの塊」と言われています。

「空想」を断ち切り、チャクラが刺激される事によって自分の本質的な「喜び」を感じる部分が顕著に現れてきたのでしょう。

やっぱり「チャクラの開発」と「変化」っていうのは連動するんですよね~

「変化」を「現実」に落とし込む

「自分自身が何を感じてる時に喜びを感じるのか?」

そういった根源的な欲求を自覚したら、今度はその欲求を現実に落とし込む段階です。

分かりやすく言えば、

「どの様な仕事をすれば自分の欲求を満たす事が出来るのか?」

という事です。

これからアンテナを伸ばし情報を仕入れて、スキルを磨いていく段階になりますのではっきり言ってしまえばこれからが一番大変だと思います。

脅す訳ではないのですが、僕がそう言うとその生徒さんは

「それは分かってます!でも自分で「出来る」って確信してます!」

と目を輝かせて言っていました。

「氣力」もついてきている段階で、きっちりと「地に足をつけている」状態なので溢れんばかりのパワーです。

まだ、「本当の自分」の片鱗が見えた初期段階ですのでこれから先もどんどん自分を発見していく事かと思われます。

3ヶ月程度でこのぐらいの変化が起きた訳ですから、これから先も大きく変わっていくでしょう。

講師冥利に尽きるってこの事ですね~

本当の「努力」は辛くない!なんて話もしましたね~

「未修練エンパス」はどうしても頭部に氣が集中して、「空想、妄想的」である事が多いです。

スピリチュアル好きな人なんかにも多い傾向です。

その状態はパワーが分散してしまっているとも言えます。

チャクラを稼働させ、氣脈を広げる事でそれらのパワーを「現実」に集中させた時に現実は大きく動いていきます。

もし「現実」が上手くいかなくて困っている人がいたらもしかしたら「パワー」が分散してるかもしれません。

「現実はどこまでいっても現実」

あなたの持っている「パワー」の100%をより良い現実の為に使えたら最高ですね。