チャネリングについて思う事

谷山です。

「チャネリング」ってご存知ですか?

実はつい先日、新しく来られた生徒さんとのやり取りで「チャネリング」について思う事があったのでそのエピソードをご紹介したいと思います。

チャネリングとは

チャネリングとは高次の霊的存在、神、宇宙人、死者などの超越的、常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味する。-wikipediaより-

要は「チャネリング」とは自分以外の存在と頭の中でやり取りをする事だと言えるでしょう。

ひと昔前は「神示」などとありがたがれていた様ですが、今は結構一般化してるみたいで、多くの「チャネラー」さんもいらっしゃいます。

あなたは「チャネリングなんて出来たら素敵!」と思いますか?

それとも「そんなの頭おかしいヤツじゃないか!?」といぶかしく思いますか?

まぁ、どちらにせよ、「チャネリング」という技法が一部では熱狂的に支持されている事は間違いありません。

実は僕は以前に、「チャネリングなんて出来たら素敵!」と思うタイプの人間でして、いろいろと自分なりに「チャネリング」の練習をした事もあります。

チャネリングは「思い」の結晶

僕が独学でチャネリングを練習してた時、頭の中でなんとな~く声らしきモノが聞こえてるような氣がしなくもないが、自分で作り出している声なのかもしれない・・・・・

そんな事をよく感じていました。

簡単に言うと

「何か声らしきものは聞こえる氣がするけど、普段の思考と区別がつかない」

そんな感じで疑心暗鬼になる事が多かったです。

ただ、そんな練習をしているとたまに「言語化できない思い」みたいなモノを感じる事がありました。

そういう時は決まって集中しすぎて頭が「ボッ~」としているいわゆる「瞑想状態」に近い時でした。

「言語化できない思いの結晶」が伝わってきて、それを自分の中で言語化する作業に入るのですが、「言語化」は思考を使う作業です。

思考の方に集中が偏ってしまうと瞬く間に「思い」が伝わりづらくなってきてしまうので、バランスのとり方が非常に難しかった記憶があります。

上手いぐあいに集中できてる時にどんな「思い」が伝わってくるのかというと、「シャンティ」(ピースフル)で「ホーリー」(聖なる)な「思い」です。

言語化が難しいのでこのぐらいの言葉でしか表せません(汗

ちなみに僕は「シャンティ」なのも「ホーリー」なのもあまり得意ではありません・・・・・

独学ではありましたが、「チャネリングってこんな感じなんだな」とある程度は自分なりに理解はしていました。

専門の人からするとご意見はあるかもしれませんが、これが僕なりに「チャネリング」から得た答えでした。

チャネリングをすると頭に氣が集中する

話を生徒さんに戻します。

そんで、僕んところに来られた生徒さんの最初の相談としては

「人から影響を受けすぎてるからかフラついてしんどい」

という相談内容でした。

一通り話を聞いてから「トンレン」で状態を見させてもらいます。

こんな感じ

「トンレン」についてはコチラ

トンレンをする為にお互いの手のひらを合わせ、呼吸法で氣を循環させた瞬間、何と僕の頭の中で「チャネリング」が始まりました。

僕にとっても初めての体験です。

「ああ、なんか久しぶりだな~」

なんて思っていたのですが、そのチャネリング相手が言うには

「私との交信がこの人にとって良くない事なら交信を断つように伝えて構いません」

とか

「彼女には私は自分の事を「天使」と伝えています」

と、いかにもな事を言ってました。(それにしても「天使」なんてのはあまりにも僕の発想っぽくない)

「言ってた」といってもさっきも書いた通り、「思いの結晶」が伝わってくる感じです。

トンレンが終わって開口一番に

「チャネリングしてますよね?」

と聞くと

「ええ!何で分かるんですか?実は私チャネラーなんです!」

とやっぱりな答えが返ってきました。

「自分の事を「天使」って言ってましたよ」

というと

「そうなんです!私、天使と交信してるんです!!その天使さんは他に何て言ってました!?」

と聞いてきたので

「まぁ、何か良いこと言ってましたけどね・・・・・でも、そんな事ばっかりやってるから頭に氣が停滞してフラつきを起こすんですよ」

と一喝してしまいました。

そうなんです、「チャネリング」をしてる時って頭部のチャクラを使う事が多く、詰まりの多い「チャクラ」や「氣脈」でチャネリングなんかしてると頭部に氣が集中してしまい、ロクな事はありません。

もちろん、「チャネリング」に限らず「スピリチュアル」(霊的)なモノってどうしても頭部のチャクラを刺激する事が多いので、どうしても頭部に氣が停滞しやすくなります。

エネルギーの逆三角形 こりゃしんどいよ

この状態では「他」からの影響を受けやすく、地に足のついていない生活を送ってしまう事も多々あります。

こんな状態は人として「健全」とは言い難い訳です。

チャネリングまとめ

他にも「チャネラー」として活動してる人に会った事ありますが、やっぱり「逆三角形」な人が多い印象があります。

「スピリチュアルな事に興味があるから逆三角形になるのか、逆三角形だからスピリチュアルな事に興味があるのか」はわかりませんが、エネルギーのバランスが崩れている人が多いのは事実です。

土台のしっかりしたエネルギーバランスのイメージ

僕も「チャネリング」に興味があった頃は明らかに「逆三角形」でした。(自覚はなかったけどね)

でも、エネルギーのバランスが取れてくると自然と「チャネリング」に興味が無くなっていき、今は「チャネリング」や「チャネラー」と聞いても何とも思いません。(でも「ねらー」って聞いたら反応すると思う)

ネットなどで色々な「チャネラー」さんのチャネリングの内容を見る事もありますが、ハッキリ言って「毒にもならなくて、薬にもなりそうでならない」内容な事が多いような氣がします。

でも耳障りは良かったりするので、そのまま「チャネリング」に傾倒してしまい結果的に「チャネリング」に振り回されてる人も身近にいたりしました。(そうなっちゃうともう悪妄想に憑りつかれちゃってる状態です)

「チャネリング」の是非はともかく、そういった「霊的」な事をやる前に自身の状態を整えるってのは最低限やっておく事だと思います。

何はともあれ、何かの存在からメッセージを貰って方向を示唆してもらうより、自分で自分の方向を決めれる人間が強いって事ですね。