チャクラの開発について思う事

谷山です。

セッションが終わった生徒さんから

「氣塾以外にもチャクラの開発してくれる場所ってあるんですか?」

という質問をされました。

基本、僕はあまり他派には興味が無かったので、あまり他派については詳しくはないので、その時は

「あるんじゃないですかね?」

なんて曖昧な返事をしたのですが、少し氣になったので自分で色々と調べてみました。

実は「チャクラ開発します!」っていう所はかなり少ない

グーグルで簡単に調べてみると「チャクラ開発しますよ!」って所はかなり少ない様な感じがありました。

代わりに

「こうやってチャクラを開発しよう!」

的な方法はたくさん載っているような印象です。

何回も書いてる事ですが、そうやって行法だけを調べて自分で試してみるのは本当にオススメしません。

氣功や瞑想を独学で行う危険性
こんにちは 谷山です。 最近は「エネルギー」とか「瞑想」という分野が世間に少しづつ認知されてきてるのかな~ と思います。 ...

なかには僕と同じように

「独学は危険だよ」

と謳ってるサイトもありましたが、ほとんどは

「こうやってチャクラを開発しよう!」

とか

「チャクラを開いてハッピーライフ!」

みたいなお花畑みたいな内容でした。

僕のブログを見てくれる様なマニアックな人だったら色々と調べてるとは思うのでお分かりになられる人も多いと思います。

チャクラを開くなんて一朝一夕では終わらない

ちょっと調べただけですが「チャクラ開発しますよ」と謳ってる所はありませんでした。

ただ、謳ってないだけでキチンとやってる所とかもあるかもしれないですね。(実際、氣塾でも「チャクラ開発」を前面に出してる訳じゃないし)

まぁ、少し調べたぐらいで自分の「チャクラ」を開発していくのも難しいって事でしょう。

でも、「チャクラ開発します」と謳ってる所はなくとも「チャクラ開発しよう」と謳ってる所は多く、さっきも書いた通りそのほとんどは「方法」だけを載せてる所でした。

やれ、音楽を聞くとかパワーストーン使うとか感情を解放させるとか色々な方法が紹介されています。

「これをやればあなたのチャクラも開いて人生が好転する!」

みたいな感じでしたけど、ハッキリ言って毎日色々な人のチャクラを触ってる僕としてはこういった方法はあくまで「氣休め」程度しか効かないと思っています。

「チャクラ」って何か神聖なモノみたいに特別視してる人も多いけど、僕からしたら全然そんな事はなくて、普通に人間の一つの「器官」みたいなモノだと捉えています。

もちろん、内蔵などの他の器官と違う部分もたくさんあるし、何より「精神性」が高い器官です。

でも、あくまで「器官の一つ」と捉えた時、安易な方法でチャクラをフルに使える事って出来るのでしょうか?

う~ん・・・・・・難しいですよね。

チャクラは「開く」んじゃなくて「使う」

そもそも「チャクラ」って開くってより、「使う」って言った方が僕はしっくりきます。

「チャクラ」って誰にでもあるモノだけど、大体の人が詰まっていてまともに稼働できていません。

その「詰まり」を取り除くのが「開く」って事だとしたら、「開く」だけではあんまり意味がありません。

「詰まり」を取って、正常に稼働させる事が出来る様になって初めて「使う」練習が出来るんじゃないかと思います。

「チャクラの詰まり」を取り除くのが「開く」って事だったら、そんなのは初期段階で終わっておくべきことであり、「開く」事よりも「開いたチャクラ」をどう使っていくかが大切です。

チャクラにはそれぞれ効能や効果みたいなモノがあって、それに沿った使い方を練習していくのが氣塾流です。

チャクラについて
こんにちは 谷山です。 「チャクラ」って今では知っている人も多くなってきましたが、効能や使い方についてはまだあまり浸透していない様に思...

2番チャクラとか下部のチャクラは「活力」とかの源だし、「活力」なんてのは頭でどうこうできるモノではないのであまり「使う練習」をする事もないですが、チャクラは上部になればなるほど、「精神性」も増してくるし使い方も難しくなってきます。

上部のチャクラを使うには正しい「瞑想」が必要

細かい説明は省きますが、「チャクラ」は上部になればなるほど使い方も難しくなってきます。

なんちゅうか、「活力」とか「性格」を司るチャクラって下部のチャクラで、特に意識しなくても勝手に使えるようになるイメージがあります。

ただ、上部になればなるほど「なんとなく」というか、いわゆる「勘」みたいなモノが重要になってきます。

例えば「ヴィジョン」を見るのは6番チャクラです。

でも、視えた「ヴィジョン」の意味を教えてくれるのは7番チャクラだと言われています。

この7番チャクラが上手く使えてないと、6番チャクラで見たヴィジョンの意味も分からない事も多いし、いわゆる「ノイズ」を拾ってしまう事もあります。

自分が視たヴィジョンの意味も分からないし、「ノイズ」なのかどうなのかも分からないんだったら意味が無いと思いませんか?

そんな意味が無いヴィジョンに翻弄されてる人もたくさんいます。

そんな上部のチャクラを使うには色々とポイントがありますが、「正しい瞑想」をする事が一番の近道です。

この「正しい瞑想」を行うには、毎日行う呼吸法や瞑想の練習が必要になってきます。

結局「チャクラを使う」にはトレーニングしかない

もうホント、やればやるほど思うけど、「チャクラの開発」って日々のトレーニングなんですよ。

この日々のトレーニングの中で少しづつ感覚を掴んでいったり、氣力を強化していくのが重要で一朝一夕にチャクラを使えるようになるなんてありえないんじゃないかと思います。

「チャクラ」を使えるようになるのは非常に有意義だし、人生が少しづつ変わってくるのも間違いないと思います。

でも安易な方法をちょこっと試してみて

「なんとなくチャクラを使えてるような氣がする」

ではほとんど意味もないんじゃないかな~

そんな程度じゃ「チャクラを使えてる」なんて言えませんぜ。

僕自身、今でも日常の中でどの様にチャクラを使っていくかが課題だと思っています。

でも、安易な方法では安っぽい結果しか生まないのは身を持って勉強出来たし、チャクラ開発には何より「日々の積み重ね」が重要だという事も分かっています。

「チャクラ開発」って一見すると魅力的に映るかもしれないけど、安易な方法ではホントそれに見合った結果しか生まないって事だけは覚えておいてほしいですね。

ちゃんとした「行法」として「チャクラ開発」がしたいなら「氣塾」へGOGO!